with girls
written by girlsエディター 島崎レイコ
16.May.2018

京都の三大祭・葵祭に行ってきました!

こんにちは。京都在住のwith girlsエディター島崎レイコです。

昨日5月15日は、京都の人にとってはおなじみのお祭り、葵祭の日です。
この葵祭は毎年5月15日に行われることが決まっているのですが、年によっては途中から雨が降ってきてしまったりすることも。
ですが昨日は快晴の夏日!重たい装束や飾りをつけての行列は大変な体力がいりそうですが、見ている分には華やかで美しいものです。

そんな葵祭の一風景、下鴨神社で執り行われた社頭の儀をご紹介します。
pattern_1
pattern_1
pattern_1
pattern_1
こちらが斎王代。
pattern_1
白塗りの女人が並ぶと平安時代へタイムスリップしたような光景になります。
pattern_1
pattern_1
馬も頭をさげてお参りしていました。
pattern_1
お花飾りが美しい傘。
pattern_1
門の外のほうが行列を楽しめます。
pattern_1
普段は静かな下鴨神社の糺の森もこの日は大勢の人で大賑わいです。
朝、京都御所を出発した行列は、昼ごろ下鴨神社へ到着し、社頭の儀を終えてから、最終目的地である上賀茂神社へと向かいます。

この社頭の儀は、下鴨神社の楼内で門を閉めて執り行われるため、観覧席を取っている人しかみられないのですが、行列は街中のあちこちで見ることができます。

葵祭は、皇室ゆかりの公式行事ということでおごそかな側面をもったお祭りです。

祇園祭や時代祭とくらべてもコンパクトな行列なので、比較的混雑もすくなく、ゆっくりと楽しめるのが葵祭の良いところ。

5月に京都へおでかけされる機会があればぜひいちど観ていただきたいお祭りです。
最後までお読みいただきありがとうございました。
16 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ