with girls
written by girlsエディター 島崎レイコ
23.May.2018

カニになりきるレストラン!「ダンシングクラブ大阪」

こんにちは。京都在住のwith girlsエディター島崎レイコです。
普段は京都市内にいることがほとんどなのですが、今日は珍しく大阪へ足をのばしてきました。

で、ランチに立ち寄ったのが「ダンシングクラブ」。
テーブルに広げられたカニやエビを豪快に手づかみで食べる!というシーフードレストランです。

数年前にオープンしてから、いつか行きたいな...と思いながらまだ行けていなかったお店。
軽い気持ちで立ち寄ったら想像以上にエンタメ満載な空間でしたのでご紹介します。

海外版カニ道楽!?とりあえずカニになりきろう。

pattern_1
「ダンシングクラブ大阪店」があるのは、大阪駅直結のビル「グランフロント」の8F。
外観はちょっと派手なシーフードレストラン、という感じですが一歩その店内に入ると...。
pattern_1

全員、カニやん!

そう。
店員さんはもちろんのこと、お客さんも全員カニカチューシャを着用しています。
※ちなみに平日のランチタイムです。夜ではありません。かつ、ほとんどのお客さんがノンアルコールです。
pattern_1
いきなりのカニ空間に圧倒されつつも、やっぱりここではこれを身につけるしかない。
ということで、カニカチューシャをつけます。まずはそこから。

このカチューシャ、かなりしっかりとしたつくりで、かぶってもしっかりカニのツメが立ってます。写真映えばっちり。
pattern_1
この日は一番人気かつ定番のランチメニューだという「クラブバックランチコース」を注文。

注文すると、店員さんがテーブルの上に紙を敷いて準備してくれます。
ほどなくして、スープやサラダ、おかわり自由だというライスコロッケやパンが登場。
サイドメニューが食べ放題になっているシステムなので、シーフードだけではお腹が足らないかも!?という方も心配ありません。
pattern_1
ドリンクは、お花のはいったハイボールをオーダー。
すっきりとした爽やかさがカニとベストマッチするはず。

いよいよカニ登場!!...その前に。

サラダやスープを食べながら待つこと数分。
さあいよいよメインのカニが登場か!?

と思いきや、店内の音楽のボリュームがあがり(もともとかなりノリのいいお店なのですが!)
ミラーボールがキラキラと輝きだしました。

一体何事かと思えば...
32 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ