with lab
written by withLabメンバー 衣装デザイナー rie ∞
09.Jan.2021

不完全こそ在るべき自然の形

いつもご覧くださり、ありがとうございます。



アパレルブランドでは、

「白黒つけられないグレーの世界」や、

「曖昧で不完全な感情」を

テーマにデザインしています。



このブログでは、そういった背景になるマインドについて

お話しさせていただいております♡






自分の不完全性


勝負ごと、スキル、仕事、親としての役割、など...


日常の中で、あらゆる場面で、

自分の不足や未熟さを感じることがあると思います。



それは、決して悪いことではありません。

向上心やモチベーションにつながるから。

努力すれば、ある程度のスキルは身に付きます。

そして、努力せずとも、スキルは身に付ける人もいます。

自分が思った通りの現実になるからです♡


不足、足りないもの、欠けているものに

目が行くようになっているのが、人の心理。


そこにジャッジして、

自分はまだまだだ、ダメな人間だ

と思うかもしれません。


それでも、

自分の価値は、何一つ変わらない♡



不完全ゆえに、完全になることを求めて、

スキルアップや向上心を持つことは、

社会的役割、人生の充実度や幸福感に必須。

ですが、そこに囚われすぎて、

ネガティブから抜け出せないほど、落ち込んだ時に、

思い出してほしいことがあります。




不完全こそが、すでに自分の完成形

ということを♡


不完全な部分は、その人のチャームポイントでもあったり、

得意な人に助けてもらう部分。

人は、一人で生きられません。

「人様にご迷惑をおかけしないよう」と教育されがちですが、

「人様にご迷惑をおかけせず、生きていける人はいない」と私は思います。



生まれて一度も、迷惑をかけずに生きている人なんていない。



だから、

「人様に迷惑をかけながら生きるものだから、

 感謝に気付ける心と、謝罪できるゆとりを」

と思っています♡


未熟さが人の魅力だと、

私は、衣装制作事業、アパレル、非常勤講師を通して、

感じています。



こちらのブログが

だれかの なにかの 力になれたら嬉しいです.·˖*✩⡱



こちらのフォローお願いします♡





 

 
2 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ