with lab
written by withLabメンバー 西田千夏

映画の紹介『ミーン・ガールズ2』

西田です。
pattern_1
昨日は、ピンクのアイシャドウを!👐

ピンクは自分の中で全く似合ってないと
思ってたので、極力ピンクを買わないように、
身に付けないようにしてたのですが、
何かピンクのアイシャドウを付ける機会があり、
付けました。笑🦩

映画の紹介

本日、紹介する映画は『ミーン・ガールズ2』です!

昨日紹介した、『ミーン・ガールズ』の
第2シリーズです🙌

こちらも、第1作に劣らず好きです。笑

あらすじ

18歳の高校3年生・Jo Mitchellは、
亡くなった母の母校である
『カーネギーメロン大学に入学』という夢を持っていた。

オハイオ州出身で、ノースショア高校に
転校してきたJoは、Abby Hanoverという同級生と出会う。

しかし、Abbyは、とある校内一の派手な
女子軍団・通称『Plastics』からいじめを受けていた。

きっかけは、ちょっとした家庭や裕福さ、
生活環境の違いからだった。

そんなある日、Abbyは酷いいじめを受け、
帰る手段もなくなり、
そんな惨めなAbbyの様子を他の生徒が
動画撮ったり、茶化したりしていた。
そんな中、JoはAbbyを自分のバイクに乗せ、
家まで送ってあげた。

家に着くなりAbbyは自分の部屋に篭ってしまい、
それを見た両親が心配し、
「お金でAbbyの気分は買えない」ということから
TVショッピングが天職であるAbbyの父が、
「Abbyの友達になってくれ。大学やお金は全部払うから」と頼まれる。

Joは、夢のカーネギーメロン大学が
すぐそこまで来たような気がして、
最初は断るも、その上手い口に乗せられてしまう。

口が裂けてもAbbyに「お金を貰ってAbbyの友達になれとAbbyの父から言われた」とは
本人に言えず、話していくうちに2人は
本当の親友のようになっていった。

しかし、PlasticsのリーダーであるMandyが
ネットに上がっていたJoがAbbyを助ける動画を見て、
Mandyはいじめの標的をJoに向けることなった。

そんな時、Joは、技術のクラスでペアである
Tylerに一目惚れをした。
その後、2人は放課後にドライブをするが、
Abbyは「辞めた方がいいよ」と忠告します。
しかし、JoはTylerが乗ってきた車でドライブすることにします。

翌日、Joが学校へ登校すると
昨日の夜にJoとTylerが車で話していた会話と
映像の一部始終が校内で流れます。

そんな様子を見たAbbyは、
すぐさまJoの元へと行き、そばに寄り添います。

しかし、それは誤解で、
TylerはMandyの義理の兄弟だったので
Tylerの車に盗聴器などを予め仕掛けておくことが出来たのです。

結果的に、JoはTylerと和解し、
Joは、Plasticsへの復讐心が徐々に燃え始めていた。

また別の日、Plasticsは、
Joの家に乗り込みJoの父の仕事中である
エンジンや部品を弄り、家族にまで被害を及ぼした。

Joは、Plasticsに違いないと判断し、
Abbyと共にPlasticsへの復讐を決意した。

『ミーン・ガールズ2』について

ミーン・ガールズは、
ミーン・ガールズでもプラスチックスが
進化してた。悪い意味で。

正確に言えば、もっと悪い性格になった。
(ダジャレじゃない)

でも、スポーツで対決して勝敗決めるのは平和だな〜。笑

プラスチックスの復讐もかなり上がって、
スカッとした。

Joが徐々に派手な生活を送り始めたり、
見た目も派手になっていって、
自分のことしか見えなくなっていくという所には、
「友人を大切に」って意味が込められてるのかなというメッセージ性を感じました。
 
10 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ