with lab
written by withLabメンバー 西田千夏

映画の紹介『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』

感想

"障がい"の要素を扱うものの、
お涙頂戴話や、泣けるような展開ではなく、
むしろ、冒険やプロレスと言った所にフォーカスがかかっているような作品です。

自由に生きることの素晴らしさ。

老人ホームから抜け出してきたZacは、
ただ「嫌だから」という理由で抜け出したわけではないし、
「家に帰りたい」という理由でもない。

叶えたいことがあるから。

彼の檻から解放された瞬間、
「もう夢に向かって走っていくんだ」という決意が見えて、
Zakのこの意思表示グッときました。

Filmarksでのレビュー

20 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ