with lab
written by withLabメンバー いくみん☆

「ホテル雅叙園東京」夏季限定メニュー スイカとメロンのリッチシェイブアイス&マンゴーアフタヌーンティ―


「ホテル雅叙園東京」で2022年7月11日〜8月31日まで楽しめるかき氷を食べに行って来ました。
目黒駅から徒歩5分。
90年以上の伝統を持ち、2,500点もの日本画や美術工芸品に彩られたミュージアムホテルだ。

全60室の客室が80 ㎡以上のスイートルームで、スチームサウナとジェットバス付きも特長。

ホテルのエントランスから、日本の気品ある美しさを感じられる。


今回、夏季限定のかき氷や、マンゴーアフタヌーンティーが楽しめるのは敷地内のCafe&Bar「結庵(ゆいあん)」。
夕方からのビアテラスでのフリーフロープランも人気。

一面ガラス張りの壁から緑がたっぷり差し込み気持ちが良い。避暑地に来た様。


夏季限定メニュー 
リッチシェイブアイス(メロン・すいか)各 ¥2,860

早速、お目当てのリッチシェイブアイスを。
夏フルーツのスイカとメロンを1/2玉ずつ使った器に、ミルク氷と果肉が山盛りになった丸々したかき氷、インパクト抜群!
目の前に届くと、テンション上がる~。

まずは、メロンの方を。
丸くくりぬかれた果肉は甘くジューシー。
赤肉メロンのソースに、ホイップもトッピングされている。
ミルク氷をすくって食べると、なめらか過ぎるくちどけに驚き。
ミルクを凍らせ甘さも加えられた氷を削ったものだ。
口の中でスッと消えていく食感はハマりそう。

器の果肉は厚めに残ってるので、スプーンで削りながら果肉もたっぷりのかき氷を堪能。

スイカの模様はキュートで涼し気。夏らしさも満点。
タピオカを種に見立ててるのも遊び心があるね。
メロンの方と同様、なめらかなくちどけのミルクテイストのシェイブアイスは、一口、また一口と無言で食べ進めてしまう逸品だ。
スイカはメロンよりもさらにみずみずしいので、“ひんやり”出来た。

夏フルーツを代表するスイカとメロンを半玉使った見た目もゴージャスなかき氷。
ホテルで過ごす優雅なスイーツタイムに。

リッチシェイブアイス(メロン・すいか)

【時間】14:30~17:00(L.O.)
【料金】各 ¥2,860 / グラスシャンパーニュ付 ¥4,290(いずれも税込・サ別)
【URL】https://www.hotelgajoen-tokyo.com/archives/74458


夏季限定のマンゴーアフタヌーンティ―。(2022年7月11日〜8月31日)


スタンドやプレートは黒一色でシック。
石材のスレートプレートに鮮やかなマンゴー色が映える。
マンゴーの他、パッションフルーツやパイナップルなど暑い日に食欲をそそる、甘酸っぱくて南国を感じるスイーツ。


タイマンゴー、メキシカンマンゴー、アルフォンソマンゴーと、メニューにより産地の異なるマンゴーが使われ、仕入れてから追熟し一番の食べごろをシェフが見極めて調理しているのだそう。

ツルンとした食感のミルフィーユや水羊羹は特にお気に入り。
ミニグラスで頂くヴェリーヌもフワフワ&甘さ控えめでペロリ!

毎回登場するという一口サイズのチョコレート・ボンボンは、パティシエのこだわりの細工だ。



セイボリーのサンドイッチは、パルメザンチーズに生クリーム、ベーコン、ブラックペッパーと、カルボナーラの味わいでユニーク。

小さいポーションでもアクセントになる食材や食感の変化があり楽しめた。

飲み替え自由のドリンクは、マンゴーの果肉入りのアイスティーや、
温かいローストバナナオルゾティーなどの季節のオリジナルドリンクを。
ローストバナナオルゾティーはバナナの風味が香り、マンゴースイーツと相性ピッタリ。

マンゴーアフタヌーンティー

【時間】14:30〜17:00(L.O.)
【料金】 1 名様 ¥4,950 / グラスシャンパーニュ付 1 名様 ¥6,820(いずれも税込・サ別)
https://www.hotelgajoen-tokyo.com/archives/74466

これまでの【都内ホテル】【国内旅行】【アフタヌーンティー】【ビュッフェ

2 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ