with girls
written by with girls STAR100 エディター 下村さき
24.Sep.2019

【仕事】フリーランスという働き方

こんにちは、下村さきです。

今回は、フリーランスという働き方について。
pattern_1

フリーランスになった経緯

以前、自己紹介の記事
でも書きましたが、私は、大学卒業後、一般企業に普通に就職し、会社員として働いていました。


新卒で勤めた会社を退職したあとは、派遣社員として働いたり、
派遣社員として勤めていた会社で正社員になったり、会社員をしながら副業をしたり、
様々な形態で10社以上の企業に勤めていました。


独立したのは2016年。

初の書籍発売を機にフリーランスとなりました。

フリーランスとは?

知ってるよ!という方が多いと思いますが、簡単にフリーランスってどんな働き方なのかを簡単に。


フリーランスは、組織に属さずに個人として仕事を受け、
給料ではなく報酬をいただいて稼ぐ仕事の仕方のこと。


私の場合は、恋愛デトックスカウンセラーとして個人の方から
カウンセリングの依頼を受け、その報酬を得たり

ライターや講師の仕事で(多くは)企業から依頼を受け
執筆したりセミナー講師をして、報酬をいただいています。

フリーランスのメリット・デメリット

会社員にもメリット(有給などの福利厚生があるなど)、
デメリット(満員電車を通勤しなくてはいけないなど)があるように
フリーランスにもメリット・デメリットがあります。


個人的な意見ですが…
私にとっての大きなメリットを3つ紹介します。


・自分のペースで仕事できる
(体調不良、妊娠中などに仕事をセーブできる)

・どこでも仕事できる
(海外旅行中もPC持って行って執筆⇒担当者に送るなどしてます)

・色んな仕事ができる
(たとえば社内で異動…などがなくても全部自分の仕事にできる)



逆にデメリットも3つあげておきます。

・育休&産休、有給などがない
(病気になったり長期で仕事できないと、その分の報酬がゼロになることも)

・代わりが誰もいない
(会社なら行き詰ったとき助けてくれる人がいるけど、フリーランスは全部自分で完結しなければいけない)

・税金関係がとにかく面倒
(税理士さんにお金を払って丸投げという手はあります)



メリットはあげればもっとたくさんあるし、
デメリットももっと詳しく説明したいところですが長くなってしまうので割愛。



ただ「大学を出て会社に就職!」というだけが『働き方』ではない、ということ。

会社員がいい、悪い。
フリーランスがいい、悪い、ではなく、

「どんな人生にしたいのか? そのためにはどんな働き方を選択するのか?」

そんな風に立ち止まって考えるキッカケになれたらいいなぁと思ってフリーランスやっています。



明日は、おうちについて書きます。
12 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ