with lab
written by withLabメンバー 西田千夏

この夏休みに見ておきたい作品(「生きる」ということ編)

素晴らしき哉、人生!

【1946年】素晴らしき哉、人生! 予告篇(日本語字幕なし)

自分が存在しない人生と存在する人生、
どちらを美しく、幸せだと思うのか。

試合に負けたから?浮気されたから?
失恋したから?失業したから?
そんな理由で人生を終わらせても良いのか。


「私たちの命は多くの人の人生に関わっている。」
この台詞がとにかく響きます。

人生に絶望した時、
「もう生きてたって仕方ない」と思った時、
そんな時にこの映画を見て欲しいと思います。

「私が生まれてこなかったら」を決して考えないと誓った。
アメリカの良心を描いたメルヘンチックなヒューマンドラマの傑作。子どもの頃からずっとツキに見放されてきた主人公ジョージは、それでも希望を捨てず、家族や町の人々に囲まれながら幸せな日々を送っていた。ところがクリスマスの日、彼は人生最大のピンチに追い込まれる。絶望した彼はついに自殺を図ろうとするが、そこに見習い天使と名乗る男が現れ……。

ショーシャンクの空に

【映画】ショーシャンクの空に 日本版予告

主人公のAndyが生きることとなる現実に
歯痒さを感じながらも、
彼自身からどんな境遇にあっても必死に生きることを学ぶ。

囚人の誰もが絶望しか持ってないような状況で
希望を持ち続ける彼の姿にグッと来ました。

Andyだけでなく長年、ショーシャンク刑務所に居るBrooksが、
仮釈放された場面があったからこそ
より「生きる」ということについて考えさせれるものがあったと思います。

人生で大きな壁に当たった時に見たい映画。
長年ショーシャンク刑務所に入っている囚人レッドと無実の罪で収監された元銀行副頭取アンディの友情を軸に、アンディが巻き起こす数々の奇跡が描かれる。

ソウルフル・ワールド

ディズニー&ピクサー新作『ソウルフル・ワールド』本予告編

10年前にこの作品と出会ってたら、
今の人生や夢も違っていたのかも。

目的を達成することは素敵なこと。
人生は、目的探しの旅。
人生は、素晴らしい。
と、とにかく『人生』をテーマにした作品。

一瞬を必死に生きるから新しい発見をするし、
逆に長年追い続けた夢ももしかしたら、
途中で変わるかもしれないし、失うかもしれない。

でも、それが最終的に『生きる』意味や
結果的に新たな夢に繋がる。

そんなことをPixarが見せてくれた。

生きがい見付けるとピザの味もきっと美味しく感じるはず!笑
人間が生まれる前の「ソウル(魂)」たちの世界を舞台に描くファンタジーアドベンチャー。ニューヨークに暮らし、ジャズミュージシャンを夢見ながら音楽教師をしているジョー・ガードナーは、ついに憧れのジャズクラブで演奏するチャンスを手にする。しかし、その直後に運悪くマンホールに落下してしまい、そこから「ソウル(魂)」たちの世界に迷い込んでしまう。そこはソウルたちが人間として現世に生まれる前にどんな性格や興味を持つかを決める場所だった。ソウルの姿になってしまったジョーは、22番と呼ばれるソウルと出会うが、22番は人間の世界が大嫌いで、何の興味も見つけられず、何百年もソウルの姿のままだった。生きる目的を見つけられない22番と、夢をかなえるために元の世界に戻りたいジョー。正反対の2人の出会いが冒険の始まりとなるが……。
39 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ