with girls
written by スターメンバー 渡辺彩季
01.Mar.2018

【with girls】「手おくれにならないための妊活セミナー」に参加させて頂きました♡

2月27日(水)に日本橋で開催された、妊活セミナーに参加してきました!
pattern_1
ゲストは女優の矢沢心さん!

不妊治療を経験したからこその貴重な体験談をたくさん聞くことができました!

はじめの1時間は六本木レディースクリニックの院長の小山寿美江さん、スルガ銀行営業本部の臼井麻都加さん、不妊治療net代表の白正寛さんとの座談会でした。
矢沢心さんは、「妊娠を望んでいるかは関係なく、まずは自分の身体の状態を知ることが大事」と教えてくださいました。
心さんは、女優業をしていた10代の頃から生理不順に悩まされて病院に通われていたそう。
事前に自分の身体のことを知っておくことで、将来いざ子供を作る!となったときのために備えておくことができますよね。
婦人科に行って以来、冷え性を改善するように意識をされたそうです。
お仕事以外は肌の露出を避けたり、靴もスニーカーをチョイスしたり……冷たいものは控えるようになったとおっしゃっていました!
私自身も元々低体温でしたが、“温活”をはじめてから平熱が上がりました。
やはり生活習慣や食べるものを変えてみることで改善できることも多いようです♪

また、心さんは不妊治療をしていく上で辛かったのは「終わりが分からないこと」と話されていました。
確かに不妊治療は頑張って結果が出る保証もないし、はっきりと期間が決まっていないので不安を感じことも多い……。
友人や知り合いからの悪気のない言葉も本人にとっては傷つくものもだったり……。
心さんの話を聞いて、私も言葉選びには本当に注意しないといけないなと思いました。
「辛いときは、おもいきり泣く」「楽しいことを探す」「心を無にする時間も作る」……心さんが心掛けていたことは自分の感情をコントロールする上ですごく必要なことばかりだなと共感しました!
不妊治療中や妊娠中はホルモンバランスによって情緒が乱れることも多いので、辛くなったときはこの3つのアドバイスを実践したいと思います♡
pattern_1
最後に3人が私たちに下さったメッセージを共有します。

矢沢心さん
・少しでも早く自分の身体のことを知るために病院に行ってください
・子供がいない生活もそれぞれの在り方だと思います。子供がいてもいなくてもパートナーと仲良く過ごしてください♡

六本木レディースクリニックの院長の小山寿美江さん
・35歳を目安に不妊治療をはじめることをおすすめします
・異変を感じたら我慢しないで早めに婦人科に来てほしい
・妊娠がゴールではありません。出産や育児に向けて体力をつけてください

スルガ銀行営業本部の臼井麻都加さん
・不妊治療にはお金がかかるので、金銭面も総合して計画を立ててほしい

それぞれの観点で妊活のことを話してくださったので、すごく勉強になりました!

座談会のあとは質問コーナーだったのでが、意外と質問していたのは男性が多かったです。
妊活に悩んでいるのは女性だけじゃないということが分かって、嬉しい気持ちになりました!
仕事帰りに妊活セミナーに出ている旦那さん……すてきですよね♡
pattern_1
イベント終了後には、心さんと一緒に写真撮影をさせていただきました!
pattern_1
学生時代に好きだったドラマにたくさん出演されていた心さん……。

実は心さんが出ているドラマ「池袋ウエストゲートパーク」とかはDVDまで持っていたので、本人を目の前にしてドキドキしてしまいました( ;∀;)

いつもテレビで見ていて好感を持っていたのですが、本人を目の前にしてより一層好きな気持ちが高まりました!!!!!
心さんのお話はこれから妊娠したいと思っている私にとって、すごく心強くて励みになるものでした!!!!!

(この写真は、私は心さんに話しかけたときにwithの長谷川さんが撮ってくださいました(/ω\))
pattern_1
最近、自身と魔裟斗さんの不妊治療中のエピソードを綴った本も出されたので、私も夫婦で読みたいと思います♡

今回のセミナーを受けて、もっともっと妊活についていろいろ知りたいなと意欲が湧きました♪
友達同士でお互いの経験や考えを共有する時間も為になることが多いけど、専門的な知識を持った人に直接会ってアドバイスをもらうことで視野もグンと広がりますよ(・ω・)
12 件

キーワード

あなたへのおすすめ