with girls
written by with girls STAR100 エディター 木林綾音
23.Jun.2020

#年収1000万円ガール 宮本佳実さんに聞いた!「好きなことを仕事に」実践レポ

こんにちは!
北海道出身、都内在住のwith girls STAR100 & 公式エディター、木林綾音です。

PCと睨めっこしながらリモートワークをしているとき、ふと1人で自宅にいるとき、今後の人生のことや働き方のことなどを考えてしまう私ですが、with読者の中にも同じように感じている方も多いのではないでしょうか。

今回、withでも連載をされている、「#年収1000万円ガール」宮本佳実さんのカウンセリングを受けさせていただきました。

早速実践してみたこと、少しだけ変わってきたことなど、宮本さんにアドバイスをいただいて変わり始めている私の体験談(途中経過)を、リアルレポートします!
pattern_1

やりたいことはシンプル。でも何から始めれば良いかわからなかった。

現在都内でOLとして働いている私ですが、元々は小さい頃から大学まで音楽を勉強していました。
一度はプロになることを夢見たものの、現実の厳しさを目の当たりにし、大学卒業後は一般企業に就職しました。
pattern_1

転職も経験し、社会人経験は10年ほど。
昔から憧れていた分野の職に就き、仕事の面白さを知り、充実した日々を過ごしています。

現在、31歳。
ライフスタイルの変化も大きいであろう30代、これからどう過ごして行くのが良いのだろう…と考えた時、ふと思ったのは「やっぱり音楽の仕事がしたい」ということでした。

どんな形でも良いから、音楽に触れて、生み出して、誰かの心に届ける仕事がしたい。
やっぱり音楽が好き、できることなら仕事にしたい。

そう感じている自分に気がつきました。

ただ、その次に思ったのは・・・

「何から始めれば良いのだろう??」ということ。

そこで今回with企画の機会をお借りして、宮本さんからアドバイスをいただくことにしました。

宮本さんから学んだのは「まずは自分の強みを知るということ」

今回、実際に宮本さんと会話をさせていただいた中で、「自分の持っているもの・強み」を知ることができました。

あまりにも当たり前だった自分の環境・経験そのものが、客観的に見てみると、実は大きな強みだったということにはじめて気が付いたのです。

私の場合・・・

①既に大学の繋がりなど音楽関連のコネクションがあるということ
→実際に音楽を仕事にしている人が周りにたくさんいるため、生の話を聞くことができる環境にいる


②10年の社会人経験で培った能力
→リモートワークのノウハウを含め、様々な状況への対応方法を知っている
→経験職種柄、アイディアを出すことや企画をすることが得意

この2つの大きな財産を掛け合わせてみたら、できることってたくさんあるのでは!?
というアドバイスをいただき、実際にやってみました。

ヒアリングでわかったことに1つずつチャレンジ

いま、なかなか外出や人と会うことができない状況で、音楽業界が大変な状態だということは知っていましたが、今回宮本さんと会話し、実際に動いてみる中で「今の状況だからこそ生まれるものってあるのでは?」という想いに至りました。

まずは需要を知ること

音楽関連の仕事をしている知り合い、特に実際に演奏活動をしている友達や、自宅で音楽を教えている楽器講師の先輩などに連絡を取ってみました。

「今、困っていることって何?」

率直に聞いてみると、
・直接人と会えない状況のいま、仕事がキャンセル続き
・自宅に篭りながら音楽を発信する方法や仕事をつくる方法がわからない
・リモートレッスンの仕方がわからなくて手探り状態

など…ウイルスの影響で仕事のスタイルを模索している人が多く居ました。
pattern_1

私にできることってなんだろう?

ヒアリングをした上で、宮本さんと話して気が付いた自分の強みを生かすとすると…

・リモートレッスンの仕方を一緒に考える、提案する
 →特にPCや機材を使った初期のセッティングや方法については提案できるかも!

・家にいながら演奏家が提供できるサービスと、それを求める人たちをマッチングする
 →いま、この状況だからこそ新しく生まれる音楽の形を模索し、提案したい!

音楽を提供する側の方達が手探り状態の今、実は普段楽器に触れることがない人たちにとっても、家にいる時間が多いからこそ、その時間を使って楽器に触れてみよう、音楽にチャレンジしてみようと思う人が居るのでは?と。
pattern_1

=音楽の新しい形を提案・サポートすること

まずは、身近な知り合いのリモートレッスンをサポートするところからはじめました。
今までの音楽業界で、レッスンといえば基本は対面が常識でした。

初めて挑戦する、オンラインツールを使った音楽のレッスン。
生音ではなくスピーカーを通すという点で難しい部分ももちろんありますが、リモートでも伝えられることはあるのではと提案してみました。

実際にやってみると、苦戦していたカメラやPCのセッティングノウハウ、用意した方が良い機材の準備など…普段OLとして働いている私がリモート会議のために実践していることが役に立ちました。
pattern_1
23 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ