with lab
written by withLabメンバー 芽田梨花

【グルメ】クリスマス気分を盛り上げる「シュトレン」は12月の風物詩に♪

クリスマスまで、あと少し


街がクリスマスムードになり始める、この時期ならではのワクワクした雰囲気が大好きです。



愛してやまない鹿児島のお菓子屋さん「森三」で「シュトレン」を発見したので、迷わず即買いしちゃいました。


日本でもおなじみになりつつある「シュトレン」はドイツの伝統的な食品で、クリスマスまでの4週間(アドヴェント)で少しずつスライスして食べるもの。


…と言われても、全く馴染みのない文化なので初体験の私とっては、切るまでパンなのかケーキなのかさえ未知の領域です。



だがしかし菓子。森三さんだから美味しいのは絶対。きっとケーキなんでしょう…と思いつつパンナイフで切ったら、ドライフルーツの宝石箱が現れたのですが?


味については、森三さんだから安定のおいしさ。森三さんのお菓子は何を食べても美味しいのです。しかも、お値段が良心的すぎて…我が家はずっと森三さんの大ファンです。



周りはお砂糖でコーティングされているので、薄ーくスライスして食べるだけで大満足です。


乾燥を防ぐために真ん中を切り少しずつスライスし、断面を貼り合わせるようにしながら保管するという「シュトレンのお作法」をお勉強しておいた成果もあり、クリスマス気分をたっぷり味わうことができました☺︎


ところで、「シュトレン」なの?それとも「シュトーレン」なのかしら?

Wikipedia先生によると「シュトレン」だそうで特にこだわりはないですが、表記を統一しております。


クリスマスまで、もう少し。ホリデー気分を盛り上げていく「シュトレン」は、毎年定番にしたいです♪

2 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ