with lab
written by withLabメンバー 西田千夏

映画の紹介『カサブランカ』

西田です。

何で緊急事態宣言も発表され、
感染者数もこれほどまでに増えてきてるのに
人を集めるようなイベント事を開催したり、
オンラインで出来ることをオンラインでしないのだろうか。

ファンの方や当タレント本人は、
会えるから嬉しいかもしれないんだけどね。

私は嬉しいかと言われたら嬉しくないのが本音です。
タレント本人も今の現状を分かってるのか?
そして、状況が状況なのに本当に当タレント本人も喜んでいいのか?
見てる側としては不快だな〜…。

特に日本の芸能人の場合は、
福岡から東京のテレビ局へ来て仕事したり、
大阪の人が東京でのイベントにゲストで参加したり収録現場に来たりなどそういった行動についても個人的には議論すべき点だと思う。

私、良くアメリカの番組やニュースを見るんですが、
アメリカはすごい。

歌番組だと、場所は自宅か自分たちのレコーディングスタジオで行われて、
歌手や楽器などを務める人は距離を空けるかドア越しで、
マスクをしながら歌ったり演奏をします。

表情や表現力よりも対策優先という感じですね。

また、昨年のエミー賞では受賞者を読み上げる紙は
チャッカマンで焼き消毒をしてから、
手紙をトングで摘んでました。

そして、司会者だけがその場におり、
カメラは遠隔で動かすか動かさずに司会者が動くだけのもので、
ノミネートされた人の登場もオンライン。

エミー賞での像は自宅に郵送されるとのことでした。

他の国と比較するのは良くないことだけど、
アメリカと比べると日本はもっと対策が出来ると思います。

マスクして検温して消毒して壁1枚隔てて
一定間隔の距離取ってフェイスシールドしておけばokってことじゃないと思し、
この程度で『万全なコロナ対策』とは言って欲しくない。

今の状況でイベント事をやるというのが納得出来ないのだ。

映画の紹介

本日ご紹介する作品は『カサブランカ』です。

1942年に公開された作品で、
「君の瞳に乾杯」や
🔴「昨夜はどこに?」
🔵「そんなに昔のこと覚えてない」
🔴「今夜、会える?」
🔵「そんな先のことは分からない」

など、名台詞が生まれた作品でもあります。

主人公のRickに言葉を喋らすと、
全てが名言に聞こえちゃうんだよね。

あらすじ

1941年12月。
親ドイツのヴィシー政権の管理下に置かれた
フランス領モロッコにあるカサブランカ。

酒場を経営するアメリカ人男性のRickは、
パリが陥落する前に理由を告げずに去った元恋人のIlsaと偶然の再会する。

Ilsaは、夫で反ナチス活動家であるVictor Laszloと共に訪れたのだ。

この再会を機に彼らの運命、
止まってた時間、真実が動き出そうとする。

『カサブランカ』について

偶然にも現在、人気声優さんが吹替えを務め、
再上映されてるそうです。

カラー映画が一般的になった現在、
スクリーンでモノクロフィルムを見たいというのも
1つの夢ではあります。

名言を聞くためだけに視聴するのも良いかもしれません。

🛖🛖🛖

pattern_1
この間、1年半ぶりに友人と会ったんですが、
一緒に歩くのが嫌になるくらい綺麗になってました!

1年半前が綺麗じゃなかったって訳じゃなくて、
垢抜けてオシャレで何かもう見違えたというか、
女子力が高かった…。

友人は片手で数えるくらいしか居ませんが、
その中でも彼女ほど素晴らしい友人を生涯持つことは無いと思う。

出会いは私が16歳の頃で、
学校も違うし、住んでる場所も違ったから、
この日限りの友人だと思ってたけど、
気付けばもう3年以上もの付き合い。

すげ。
 
11 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ