with lab
written by withLabエディター 櫻井ユリス

【日帰り女子旅】次の国内旅行はここで決まり!心も体もリフレッシュ忙しガールの息抜き日帰り大分旅行プラン完全版!!

コロナが落ち着いたら行きたい、弾丸女子旅プラン日帰りでも楽しい大分旅行プランをご提供致します。
※2019年のコロナ禍前に行ったものになります。
午前中に羽田空港を出て、お昼に大分空港到着。

大分空港からバス1時間大分駅へ。

大分駅に着いたらまずはレンタカー!!
(基本的は車での移動が基本です)
pattern_1
天気に恵まれると一面海を一望できます。
pattern_1
まずは腹ごしらえ回転寿司の『水天』
pattern_1
数多くのグルメ雑誌や旅行本にも取り上げられている有名な回転寿司です。
pattern_1
店内はカウンター席とお座敷があり家族連れでも入れます。
pattern_1
ネタが新鮮なのはもちろん、シャリや醤油にもこだわりが!!回転寿司でありながら板前さんが目の前で握ってくれます。
pattern_1
おなかいっぱいになったら大分名物『地獄めぐり』へ!!
地獄めぐりは全7箇所あるのですが、時間の関係上今回は3箇所選んでまわりました。
pattern_1
(国指定名勝)海地獄/足湯あり
別府の地獄の中でも最大の海地獄は、コバルトブルーの色が特徴で池の青色は、温泉中の成分である硫酸鉄が溶解してできています。園内では、温泉熱を利用してアマゾン地方原産のオオオニバスや熱帯性睡蓮を栽培しており、オオオニバスや熱帯性スイレンの開花期は、5月上旬~11月下旬で、朝方が見頃です。
pattern_1
ここに来たら絶対食べたいのがこちら「地獄蒸焼プリン」
地獄の温泉水や地元産の物をたっぷり使った昔ながらこ素朴なプリン。少し固めなので、手作り感があってなんだか懐かしい…。
固めプリンが好きな人は是非食べてみてください!

そして海地獄巡りを終えたら徒歩で血の池地獄へ。
pattern_1
(国指定名勝)血の池地獄/足湯あり
血の池地獄は日本で一番古い天然の地獄です。地下の高温、高圧下で自然に化学反応を起こし生じた酸化鉄、酸化マグネシウム等を含んだ赤い熱泥が地層から噴出、堆積するため池一面が赤く染まります。
一面真っ赤な温泉はなんだかぞっとしますね…。

血の池地獄から車を走らせるところ数分

pattern_1
鬼山地獄(この後本物のワニが出てきます。苦手な方は見ないでください。)
pattern_1
こちら鬼山地獄は、ワニがなんと約80頭も飼育されています。別名「ワニ地獄」とも呼ばれており、大正12年に日本で初めて温泉熱を利用し、ワニ飼育を開始した。 現在、クロコダイル、アリゲーターなど色んな種類のワニがいます。
地獄めぐりで疲れた体を癒しに砂風呂へ。
pattern_1
今回お邪魔したのは「竹瓦温泉」JR別府駅からも徒歩10分程で行けます。今回は車で行ったのですが温泉専用の駐車場がないので近くのパーキングに停めました。
pattern_1
開放的な空間が広がりジブリの世界にいるかのような雰囲気ですね。今回は温泉ではなく砂風呂に入ります。
22 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ