with lab
written by withLabメンバー あすか
15.May.2020

出汁の旨味を活用して☆きのこの炊き込みご飯

出汁の旨味を活用して

こんにちは♪
インナービューティープランナーのあすかです。

土鍋できのこの炊き込みご飯を炊きました。
昆布かつおだしを使って♪

だしの香りで
作っている時から
いい匂い~!と癒される瞬間が好きです。

煮出しの方法

1 鍋に水、乾燥昆布を入れ、ゆっくり弱火にかける。沸騰する前に昆布を取り出す。
2 鰹節をおとし、火を止めて、鰹節が沈むまで10~15分程度待つ。鰹節が沈んできたら、静かにこす。

 昆布(グルタミン酸)とかつお節(イノシン酸)の出汁が混じりあうと、それぞれの持ち味を引き立てます。そして、素材本来がもっている味わいを出汁が補い、料理になったときに100%の旨味になるため、おいしくなります!つまり、素材の味を引き立ててくれる、存在です☆

きのこの炊き込みご飯

【材料 2人分】
米...2号
乾燥昆布...2枚

しめじ...1パック
舞茸...30g
小ネギ...適量

A
昆布かつお出汁...300ml
白だし醤油...大さじ2/3
酒...大さじ2
【手順(きのこの炊き込みご飯)】
1 土鍋に米、乾燥昆布を入れ、合わせたA、しめじ、まいたけを加える。
2 沸騰するまで強火で8分程度、中火におとし8分、弱火におとし5分程度かける。
3 火を止め10分蒸らす。しゃもじでほぐして小ネギを飾る。

【ポイント】
・昆布は縦に切り込みを入れておく
・きのことあわせることで、ビタミン、ミネラルを摂取することができる☆
pattern_1
出汁ときのこの香りで
五感が研ぎ澄まされるような時間でした♪
10 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ