with lab
written by withLabメンバー Akubi☆

ウッシッシ...!!

さっきスーパー行くまで今日は土用の丑の日ということをすっかり忘却してたAkubi☆です(^^;;

魅力的な鰻のポスターと今日の日付の横に

土用の丑の日


暑いし冷やし中華でも食べよーかなー

て思ってスーパー行ってたので、このポスターを見てお腹が瞬時に鰻モードに切り替わっちゃいました!!(^◇^;)

ということで、予定変更して鰻にしました


相方さんは飲み会なので、
今日はお一人鰻です
1人で贅沢をしてしまいました(^^;;


ここでせっかくなので、お勉強中の食育アドバイザーの知識を活かして鰻の効能をご紹介します

実は鰻は日本では古くから薬として用いられてきたそうですそれほどに栄養豊富なんです

大きな特徴としては、ビタミンAが豊富に含まれている点が挙げられますその含有量は相当に多く、蒲焼き一人分で、1日のビタミンA必要量の3倍の量を摂取することができちゃうんですよー

そのほかにも、タンパク質や脂質、ビタミンB群、ビタミンD、ビタミンE、カルシウムや鉄が含まれてます

また、ウナギの脂肪にはEPA(エイコサペンタエン酸)も含まれています。さらにウナギの肝にも同じように、ビタミンAや鉄が豊富に含まれています(OvO)

また、鰻の皮がヌルヌルしているのは知ってる方も多いと思いますがそのヌルヌルの正体はムコ多糖類で、夏場に弱りやすい胃や腸の粘膜を保護する働きを持っているんです

しかっし実はこれだけたくさんの栄養素が含まれる鰻ですが、ビタミンCや食物繊維は含まれていません(つД`)ノ

せっかく栄養満点なウナギを食べるのですから、野菜と一緒に調理したり、サラダを添えたりして、ウナギに不足している栄養分を効率よく補えるものと一緒に摂取すると良いですよ(*^^*)

今日は皆さんも鰻を食べて、これからの暑い長い夏を乗り切りませんか??
1 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ