with lab
written by withLab STAR100 吉田奈央

叱られ上手になりたいよー。




今日は、

ファッションでもなく美容でも、グルメでもなく…




読み物ページをお題にいきます!



with9月号の、




阿川さんとwith girlsの対談〜
【叱られ上手】に関してのページです。


私は、つい最近ある方に怒られてしまいました。
その方はすごく立場的にも偉い方で、
私のとても尊敬する方です。

周りをよく見ていて、人からの信頼も熱く、
多分私が思うに人との繋がりや関係性をとても大事にされる方だと思います!

その方と、今やみんなが使ってる通信機能の
LINEで会話のやり取りをしていたのですが…
ちょっと軽いはずみでフザけた発言をしてしまったのです( ̄▽ ̄)
その方も優しい方なので毎回、自分のボケにはツッコミを挟んでいただいてたのですが
内容が内容だけに、その方は真剣だったみたいで…。


でも怒られて落ち込んでしまったけど、
色々気づけた事もありました。

・相手が怒ってくれたのは、自分の事を思って気にかけてくれたから。

・もっとこれから私が悪い方向にいかないよう、歯止めというかブレーキをかけてく
れた。

相手の立場を慎重に考えず、調子乗ってしまった自分にすごく反省しました。

結果的には、その方怒ってなかったみたいなんですが、でも文面になんか色々思う事があって…。
それも1つで、自分が気付けるか気づけないかも凄い大きな事なのかなと思いました。

その方とは、仲直りができたので良かったです。
いつも色んなアドバイスもしていただいて、
自分自身がその方のお陰で少しずつ成長できてるようにも感じます。
感謝でいっぱい、いつもありがとうございます!




さて、そんな " 叱られ方 "についてですが、





私は、阿川さんのこの言葉に1番心が動きました!

叱られたら落ち込んでしまうけど、
裏を返せばそれは、その人の為にと、その人がもっと成長できるようにと"思いやり"なんだと私は思ってます。

どうでも良ければ、叱る以前に何も言わないと思う…。

叱られすぎても問題かもしれないけど、
叱られた回数が多ければ多いほど、
それが積み重なって、人生という長い目で考えた時はすごく【大得】ですよね(^ー゜)




その他にも、






阿川さんのポイント術、①〜⑤まで全部共感をしてしまいました。

中でも、これから私が最も試してみたい内容が…


①番です。

【苦手なタイプの人に、あえて近寄る。】


会って最初の第一印象や、
その人を知った上で苦手と感じる…

両方含めて、私もあえて自分の苦手な方に近づいてみようと思います。

苦手というのは、自分とは全く違う考えや感性だからこそ、勇気はいるかもしれないくなど新しい発見・新しい自分自身がみえてくるのかな〜とも思います。

それに苦手な人とこそ、仲良くなれると嬉しさと同時に自分に自信がつくようにも感じます。








今回の阿川さんの企画…

これから生きてく上で大事な "人間関係 "。

阿川さんのコツやポイントをしっかり取り入れられたら、
将来もっと人と幅広く、楽に付き合えそうだな〜(*^_^*)



ちなみに私も、叱る側になった時はその子のためを思って伝えるんだけど、

早口すぎて何を言ってるか分からないと言われた事が何度かあります…( ̄▽ ̄)
そして何故か笑いの雰囲気になり、
完全に自分が恥をかいて終わるパターンです。

叱る内容以前に、まずゆっくりハッキリ喋れるように頑張ります( ; _ ; )/~~~




今日の読み物ページのお供は、






みんな大好き、
【ハッピーターン】

しかもpartyサイズ\(^o^)/



おnewな、



トロピカルパイン味、最高すぎる♪




でも…

テーブルの上で食べない事から、
実家だったら完全に母に、"叱られれる"。



あと【夏バテには甘酒!?】の記事まで
コメント全部お返事かきました♪
読んでいただけたら嬉しいです。





1 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ