with lab
written by withLabメンバー 菜々

秋にむけて引き締めよう!(二の腕編)

おはようございます!


今日は前回宣言した通り肩甲骨について語ります


写真多め+長めの記事になってしまいますが、
ご了承ください。。。


突然ですが


「腕」に自信ありますか


ほっそりとした女性らしい腕って良いですよね♡


特に今年はノースリーブは流行っていて
今の時期でも可愛いノースリニットが沢山売られていますよね


なので腕の太さってどうしても気になっちゃう…


今回は、ただ単に腕を細くするのではなく、
必要な筋肉をつけて、無駄を削ぎ落とす、
「引き締った腕」を作っていきましょう


腕を引き締めるために大事なのが


「肩甲骨」を意識すること




(こう見えて、けっこう背中はムキムキですw)


腕の筋肉だけで物を持ち上げようとすると…





いや、辛い辛い


ですが、肩甲骨から腕を上げるように意識して
背中の筋肉も一緒に使うと…





さっきよりラク〜♡


ポイントは脇を締めること!


一番始めの写真のように腕が開いていると、
腕の筋肉だけで持ち上げているので、
腕が太くなってしまう原因にもなるんです


なので、2番目の写真のように
脇は閉じることで、背中の筋肉を使いやすくなります


これ、腕立て伏せの姿勢をするときでも同じ


腕を鍛えたい人は





ひじを横に突っ張らせて
脇を閉じずに行います。


ひいいいい辛いいいいいい


でも、女性の場合は「引き締めたい」という方が圧倒的に多いので、






脇を閉じた方法がオススメ


この方が全然辛くないです



ヨガのポーズでも、「チャトランガ」というポーズがありますが


まさに、脇をしめて行うポーズです






脇を閉じて上手に肩甲骨を意識できるようになるためには、





まずは脇を締めずに
肘を曲げて手を顔の横にセットして



そのまま腕全体を後ろに引きます


そして、今度は



脇を締めて同じように



左右の肩甲骨を寄せ合うようにして胸を開きます





このときに注意したいのが、腰


お腹の力を抜いていると、ついつい…



反り腰になっちゃって
腰にも負担がかかるし、
効果も半減〜




お腹の力を忘れずに、
腰から背中はまっすぐにしておいてくださいね


肩甲骨周りは
脂肪を燃焼してくれる褐色脂肪細胞が沢山あると言われています!


しっかりと肩甲骨を動かして、
腕を引き締め、脂肪を燃やして、代謝の良い体を作ってくださいね〜♡



菜々
1 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ