with lab
written by withLabメンバー 小林美咲

冷凍保存の仕方♡

特売の時に多めに買ってしまった野菜... 彼の家では私が料理することが多いので、何日か行かないだけで腐ってしまったりします( •̥́ ˍ •̀ू ) 多めに買ったとき、すぐに使わないときは冷凍保存をオススメします✡。:*

その食材によって保存方法がちがうみたいです♪





【トマト】まるごと冷凍。
使い方•••凍ったままのトマトを水に入れると皮がすぐにツルンと剥けます。 ミネストローネやトマトソースなどの加熱料理にオススメ。

【玉ねぎ】千切りをしてから冷凍。 冷凍により繊維が壊れるので飴色の炒め玉ねぎが短時間でできます。
使い方•••凍ったまま調理してOK。 炒め玉ねぎを活かしたカレーやオニオンスープにピッタリ。

【大根】1cmほどのいちょう切りや拍子切りにして冷凍。
使い方•••凍ったまま調理してOK。
お味噌汁の具や炒め煮に。 繊維が壊れることで短時間で味が染みます。 他にゴボウ、レンコン、にんじんなどの根菜類も同様に冷凍保存が可能です。 薄切りにしてから冷凍して下さい。

【キャベツ】ざく切りをしてから冷凍。
使い方•••熱湯をかけて解凍。 水気を切って使います。 ちょうど生キャベツを塩もみしたくらいの食感に。 ツナとキャベツの和えなどあらあじめ混ぜ合わせるタイプのサラダにピッタリ。

【きのこ類】使いやすい大きさにカットしてから冷凍。
使い方•••エリンギとブナしめじは食感が柔らかいのでなるべく小さくカットして使います。 凍ったままパスタやスープなどの加熱調理に加えるのがオススメ。 きのこ類はグアニル酸、グルタミン酸、アスパラギン酸など旨味成分のアルミ酸が冷凍すると約3倍もup!

【大葉、パセリ】そのまま冷凍保存袋に入れて冷凍。
使い方•••凍ったままの大葉などを手で揉むと粉々になって切る手間が省けて便利。


☆冷凍する時のポイント☆
冷凍時間が長いと風味や食感が落ちる原因になります。 そのため、素早く冷凍させる急速冷凍がポイント。

(1)ジップロックなどの冷凍保存袋に野菜を入れて、酸化させる原因となる空気をなるべく抜いて薄く平らになるようにしましょう。

(2)金属トレイを使うと短時間で冷凍ができるのでオススメです。 なければアルミホイルで包むと良いでしょう。


特売の日に多めに買ってしまうことや、量の多い野菜はいつも使い切れずに困っていました( •̥́ ˍ •̀ू ) でも冷凍できる野菜が多いみたいで、これからはダメにしてしまうことも減りそうです( ˆ ˆ )/♡ 節約しつつ、時短もできて忙しいwith世代にはもってこいですね ♡


1 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ