with lab
written by withLabメンバー Akubi☆

飲み会が多いこの季節に...

おはようございます
本日は珍しく朝の更新です(OvO)

今日は今年最後の出社日です。

出向先の会社ではお昼から宴会が始まります。

そして夜は所属している方の会社の忘年会(^^;;

ほぼ1日飲みっぱなしの予定です。

そして....



幹事です>_<
これはビンゴの景品。
この大荷物を持ってこれから出社です。

このプレゼント...見方によっては今日で会社辞める人みたい(^^;;


年末、この時期は何かと飲み会が多い季節ですね。
お正月に入っても沢山飲む機会が既に決まっている方多いのではないですか(*☻-☻*)


お酒を飲むのは楽しいですが、楽しさの偉腹には怖いものも...

そう、二日酔いです(つД`)ノ


二日酔いになってしまう原因は...

アルコールの中間代謝物質であるこのアセトアルデヒドは毒性が非常に強くてその毒性によって引き起こされる症状が二日酔いだそうです。

つまり>_<

二日酔いの原因はアルコールそのものではなく、代謝過程におけるアセトアルデヒドによって引き起こされるのだとか...(つД`)ノ


そんな二日酔い、頭がガンガンして辛いですよね;_;

気持ちが悪くなってしまったり。。

私も過去に何度も経験をしました(つД`)ノ


もうお酒飲まない!!

って誓うものの、やっぱり飲んでしまう(^^;;



そんな二日酔いになってしまった時の対処法をちょこっとご紹介します(OvO)


まずは頭痛。

頭痛になってしまったときは、とにかく沢山お水を飲んでください
特に、スポーツドリンクの方が二日酔い解消により効果的なんだそうです

あとは睡眠


といっても二日酔いで気分が悪いときに眠りにつくのはなかなか大変かもしれません>_<

そんな時には、目を閉じて横になったまま自分の体がベッドや布団に沈み込んでいく様子をイメージしてみてください。

自然と体が重くなっていつの間にか眠ってしまうことが多いです(OvO)



二日酔いになった朝に食べると良い食べ物もあります(*^^*)

それは、こちらの食べ物たち

■1:たまご
■2:コーヒー
■3:トマトジュース
■4:ベーコン&フライドポテト
■5:ココナッツウォーター(ミルク)&レモン水
■6:バナナ
■7:キウイフルーツ
■8:グリーンアスパラガス
■9:ショウガ


それぞれの効能は...


■1:たまご

たまごに含まれるアミノ酸は、お酒の毒素を分解します。同様に多く含まれるビタミンBも二日酔いの症状を和らげてくれるそうです!



■2:コーヒー

コーヒーに含まれるカフェインは、頭痛を和らげてくれます(*^^*)



■3:トマトジュース

トマトジュースに含まれる糖分は、肝臓の働きを助け、二日酔いの低血糖を改善する効果があります(^O^)♡



■4:ベーコン&フライドポテト

ベーコンやフライドポテトの脂は、体内のアルコールを吸収してくれるそうですよ。



■5:ココナッツウォーター(ミルク)&レモン水

ココナッツウォーターやレモン水は、スポーツドリンクと同じ働きをしてくれるといいます♪



■6:バナナ

バナナは消化吸収が良いうえ、二日酔いによる体の震えなどをおさえるカリウムが豊富です。



■7:キウイフルーツ

キウイフルーツには、ビタミンC、カリウムの他にも、食べ物をエネルギーに変えるリンが豊富に含まれています。



■8:グリーンアスパラガス

グリーンアスパラガスには、アルコールを消化する酵素が含まれていることが分かっています。



■9:ショウガ

ショウガは、消化を助け、おなかにたまったガスを体外に出し、何と吐き気を止める作用もあります。


また、これらを組み合わせてとるとより効果的みたいです(*^^*)


とくに、糖分、甘いものがよいそうです(^_^)


あとは、飲む前、飲んだ後にウコンの力をサンドイッチすると二日酔いになりにくいとも聞きます(*^^*)


あとで辛い思いをしないためにも、楽しく美味しく飲み会を楽しみたいですね(OvO)




というわけで今日はほどほどに、行って来ます(*^^*)
1 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ