with girls
written by レギュラーメンバー 篠原 美優
29.Jun.2018

専業主婦と共働きの差『2億』by with8月号

毎回楽しみな黄色ページ。

今回の特集は

『結婚とお金の不都合な真実』

ということで、FP志望として、かなり真剣に読んだ(笑)

すっごく分かりやすくて、勉強になるので、ぜひwith8月号買ってくださ〰い💓
とくに印象に残ったこと。

生涯年収の差『2億円』のモデルで想定されている『専業主婦』とは、結婚したら仕事を辞めて、そのまま一生働かない女性を指しているということ。

わたし、今自分が『専業主婦』なので、この『2億円』という数字にかなりびくびくしていたんだけど、そもそも今まで会社員としての収入があったわけで、この時点で『2億円の差』にはならないな、と安心した。
そして、これから先もずっと専業主婦でいよう、とは思っていないし。

また、『生涯年収だけで幸福度は測れない』というのはまさしくその通りだな、と。(いや、記事の趣旨としては、生涯年収の差が2億円もあるんだから、女性はずっと働き続けた方が良いよ、というものなんだけど(笑))

お金にしがみつきすぎるあまり、子供とのかけがえのない時間を犠牲にするくらいだったら、たかだか『数千か数百万円(いつ仕事に戻るかで大きく変わる)』の差くらい、どうってことはないかな、と思った。

だから改めて、ライフプランニング、ファイナンシャルプランニングって、めっちゃ大事で。

記事にもあるとおり、子供を産む前に、お金のことについて夫婦で話し合っておくことはすごく大事だな、と思った。

私が今、子育てに専念することに踏ん切りがついたのも、この話し合いが夫婦で事前に出来ていて、私が働き続ける場合でも働き続けない場合でも、どちらでも大丈夫なようにファインナンシャルプランを組んでいたからだと分かった❗(私が組んだんだけど(笑))

でも本当は、育児・家事と向き合えば向き合っただけ自分が成長出来て、人間性が磨かれば、対価は必然的についてくるものだと思っている。

だから、いずれは『女性も男性も、子供が出来たら一旦それまでの仕事は辞めましょう。しばらくは子育てに専念して、今度はさらにパワーアップした姿でまた違った働き方でお金を稼ぎましょう』っていうロールモデルを作りたい❗
なんなら、そっちの方が、生涯働き続けるよりも、○億円プラスになります。

っていえるような世の中になったらいいな。

うん。大変勉強になりました💓

あとは、石原さとみさんの記事、一問一答がとても興味深くて。
とても素敵な女性だな、とファンになりました😍💕

あと、今回の着回し30days、綺麗めだし、ストーリーも切なくて、すごく好きだった💓欲しい服いっぱい✨✨

大満足でした💕

みんなも、ぜひwith8月号読んでみてくださーい🎵
2 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ