with girls
written by レギュラーメンバー 篠原 美優
05.Jun.2018

専業主婦生活を送る上で、気を付けたいこと

専業主婦とワーママと、どっちも経験してみて……。結論から言うと、どっちも大変だなと分かった(笑)

多分これは、私だけじゃなくて多くの人が言うことなんだけど『育休と言っても休めない。育児の方が仕事より大変だと思ったから、仕事に復帰する』っていう人、目茶苦茶多い❗というか、ほんとんどそうじゃないかな。

だけど、結局復職したとしても、育児から完全に逃げられるわけじゃないから、どっちの大変さもついてまわって、バランスをとることがしんどい。というか、バランスなんて取れない。

その原因の大きな1つが、みんな、『家事・育児』の理想が高すぎる。

ということ。
withの想定している読者というのも、『東京近郊に実家があって、ほぼ専業主婦の母親に、大切に育てられたお嬢様』というイメージ。

そしてその専業主婦の母親は、自分よりほんの少し上の『学歴』を娘に求めて、自分とほぼ同水準の『家事レベル』、ほぼ同水準の『経済的裕福さ』、を求めているのでは、無かろうか。

だけど、それは無理だよ❗っていうのが、下の話。
1人暮らしのときも、『仕事の質ややりがい』と『家事・生活』と『お洒落・経済的豊かさ』のバランス、崩れること、ありませんか??

あと、母親から家事のダメ出しをされて、喧嘩になったりすること(笑)

もし、少しでもうまくバランスがとれていないな、と思うことがあったら、その3つ全てのバランスを取ることは、『絶対』無理で、自分はその中の何か1つしか選べないとしたら、どれにするか、ゆっくり自分と向き合って考える時間を取ることって、すごく大事だなと思う。

そしてそういう時間を持つことが、結果的に、どういう人とどういう結婚、子育てを、どんな風にしていくことが、自分にとって1番幸せなのかを考える時間になるなって思う。
雑誌や、ママ友との付合いに、振り回されすぎないのも大事だなって思う。

自分は自分、人は人。

紹介させていただいた記事のように、今子育てがしやすい社会とは、お世辞にも言えない世の中かもしれないけど、自分のペースさえ守れれば、幸せに、心豊かに子育てしていけるということ、これからもwithblogで発信していけたらいいなと思います💓
踊らされすぎる自分に、自戒の念を込めて書きました💓(笑)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました✨
8 件

キーワード

あなたへのおすすめ