with lab
written by withLabメンバー はな

自分に合った投資信託って一体何?【第3回投資レポ】

皆さんこんにちは!

withLabのはなりんです。

ひよっこ投資女子としてwithLab投資プロジェクトにて投資について学んでいます。

今回のテーマはいよいよ投資信託の最深部。

投資信託の選び方についてレポを行います!

自分に合った投資信託を見つける!

前回の記事(初心者こそ投資信託!?)でも書きましたが投資信託は初心者にぴったり!

そんな投資信託の選び方もきちんとプロセスがあるのです!


①テーマ(投資先)を決める

こちらは二つの要素があり、それぞれ考えていきましょう!


・資産

アセットとも呼ばれ、株式や債券、預貯金などの種類があります。

ここでのポイントは自分がリスクリターンをどこまで許容するのかということ。

比較的ハイリスクハイリターンな株式がいいのか、比較的ローリスクローリターンな債券がいいのか人によって変わってきますよね。


・投資先

投資を行う国や地域のことなのですが、一番のポイントはやはり成長性と安全性

保守的な私は日本一択!となりますね(情報も入ってきやすいですしね)


この資産と投資先の掛け合わせでテーマを決めるのですが、


以上のことを踏まえると私は無難(?)に日本の株式に投資をしようかなと思います!


②運用方法

こちらは大きく分けると2種類あり、自分に合うものを選ぶ方式となります。


1つ目:インデックスファンド

ベンチマークとよばれる指数と連動するリターンを目指すもの


2つ目:アクティブファンド

ファンドマネージャーがベンチマークを上回るリターンを目指すもの

⇒AI関連銘柄に投資する!などのテーマ型投資信託はこちらにあたります


どちらもプロに運用を任せるのは同じなのですが、アクティブファンドはよりファンドマネージャーの腕にお任せと言った感じになります。

手数料はアクティブファンドの方が高く、人気なのはインデックスファンドのようです!


ベンチマークとはなんぞ…?と思う人もいるかもしれませんが、

日本で言うとTOPIX・日経平均株価・JPX日経400と言った指標のことです。

こちらの指標に連動していく形で運用していくのがインデックスファンドと言うことですね!


うーん、私は手数料が安い方が良いのでインデックス型になるのかなぁと考えました!


③購入の時期

こちらも2種類ございます!(なんでも2種類だなと思いますよね笑)


・単位型

期間限定販売で一般的に運用期限有の投資信託


・追加型

いつでも買えて、一般的にいつでも売れる投資信託


主流は追加型で、私もいつでもできる追加型で運用していこうと思います!


④分配法

最後の項目になりました!

こちらは利益を投資家に還元する仕組みなのですが、有無を選ぶことができます!

・有り

運用益の一部が定期的に受け取れる

→毎月お金が支払われるものもある様子

・無し(再投資)

運用益を還元せずに、投資信託に組み入れて再投資する


長期での運用を考えると分配金を再投資する方が複利の効果が働くので有利とのことです。分配金ありでも、ファンドのお金を削っているだけと言うこともあるようなので、色々考えると分配法がない方が良いかも…と思いました。


あなたに合った投資信託は見つかりましたか?

投資信託のプロセスと説明を行ってきましたが、私は

「日本の株式でインデックス運用の追加型で分配金無し」ということが決まりました!(パチパチ)

なんだかやっと形になってきた気分ですね!

(まだスタートラインですが…)

皆さんもレポを参考に自分に合った投資信託を決めてみてくださいね♪

 
2 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ