with lab
written by withLabメンバー 西田千夏

映画の紹介『SCREAM4』

西田です。

今日は、ちょいとヘアスタイルを変えようと思い、
美容院へ来てます👐

今、丁度目に付く場所にあの雑誌が…!!

そうです、今月号のwithが置いてありました!🤩
今月号だけでなく、先月号のJO1さんが表紙のもありました!

ちなみに今日は、JO1の鶴房汐恩くんの誕生日です!
おめでとうございます✨✨✨

そして、もう亡くなっていますが、
私の尊敬するモデルの1人、Dovimaさんも
誕生日です!

12月、誕生日の方が多い!

映画の紹介

本日紹介する映画は、『SCREAM4』です。

ちなみに、シリーズの第1作である
『SCREAM』は過去に紹介済であります👐

あらすじ

ウッズボローで発生した例の
連続殺人事件から10年が経った。

事件で幾度となく被害に遭い続けてきた
Sydneyは、作家として働いていた。

Sydneyは、作家として成功を重ね、
そのイベントのために故郷であるウッズボローに帰ってきた。

しかし、そんな時、とある2人の女子校生が
殺されるという事件が起きる。

その後もSydneyの周りでは、
何者かに狙われるような形跡や、
殺人事件などが起こる。

Sydneyは、かつての仲間である
GaleやDewey達と犯人を暴き出すため動くのだった。

『SCREAM4』について

 
SCREAM4。

私は毎回犯人に目星付けてても外れる。
しかし、今回は当てずっぽうでも
1人は犯人当てれたのでSCREAMの中でも
4は結構好き。笑
(それだけの理由で。笑)

殺人事件が起きて、
警察から夜9時以降、
外出は控えるよう言われている中、
パーティしてしまう学生達。

公開当時は2011年だけど、
私がこの映画を見た時期がまさにコロナ禍で、
緊急事態宣言が出てる時と
似たものを不覚にも感じました。
外出自粛言われてたり、
マスク着用を義務付けられたりしてるのに
平気で外出したりマスク付けないで歩く人達。

個人的には、3で終止符が打たれるかと思いきや、
"ネクストジェネレーション"ということで、
過去のSCREAMシリーズの登場人物や
シチュエーションを入れてくれて
嬉しさを感じた。
謎としては10年経った設定なのに、
そんなに歳を重ねたり大幅な変化を感じなかった所。

自分の身内や周りの人がそれぞれ殺され、
犯人も自分の身内だったのにも関わらず
何かすんなりしてる感が否めない。
8 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ