with lab
written by withLab STAR100 エディター 島崎レイコ

【京都グルメ】イヤホンをつけていただきます!最近話題の”黙食”グルメを体験@祇園四川 燕来房(ヤンライファン)

こんにちは。with Lab エディター STAR100の島崎レイコです。

withコロナの時代、新しい食事のスタイルとして耳にするようになった「黙食」。
聞いたことはあっても、実際に体験したことがある方はまだまだ少ないのではないでしょうか。

そもそも、「黙食」ってどんなふうに楽しむの...?!と、ちょっとイメージがわきづらいものでもありますよね。
人との会話を楽しみながら美味しいものをいただくのが食事の楽しさ!という従来のイメージからすると、「黙って食べて、楽しいの..?」と私自身もなかなかポジティブな印象がなかったのですが...。

「黙食」をエンタメ化した四川料理店があるらしい。

そう聞いて早速体験しに行ってみました。

喋らない、けど、喋るより美味しい!?
そんな「黙食」をご紹介します。

特に辛いものが好きな四川料理ラバーにはたまらない一軒ですよ。

京都「祇園四川 燕来房(ヤンライファン)」

pattern_1
「黙食」を体験しに訪れたのは、京都・祇園の花見小路にある「祇園四川 燕来房(ヤンライファン)」。
四条通りから花見小路に入ってすぐ、京都らしい石畳の小道にひっそりと佇む四川料理店です。

店構えは和食屋さんのようなしっぽり感ですが、提供されるお料理はがっつり”シビ辛”な本格派の四川料理。辛いものがお好きな方はビシッと痺れる旨さと辛さを、辛いものが苦手な方も調整が効くのでお好みの味わいで、繊細な中華を味わうことができる一軒です。
pattern_1

音で楽しむ「黙食」とは...?

pattern_1
pattern_1
こちらのお店に新たに登場したのが、「黙食」を楽しむためのコース料理「燕黙食」。

具体的に何をするかというと、耳にヘッドフォンやイヤホンを装着し、オリジナルの音楽を聴きながらお料理を味わう、という食事のスタイル。

楽曲は、このコースのために、料理人と音楽家のユニット「EATBEAT!」さんが特別に製作されたもの。
「燕来房」原料理長が実際にお料理されているときの音や、京都の街を象徴するような鴨川のせせらぎなど、「燕来房」ならではのサウンドが一つの楽曲としてまとめられています。


席に着いたら、まずはテーブルに置かれたカードのQRコードを読み取り、お店のwebサイトへ。
サイトから、お料理とともに楽しむ音楽を聴くことができるようになっています。
pattern_1
コースの内容はこのように、四川料理の代表的なメニュー、「よだれ鶏」「麻婆豆腐」などがずらり。
pattern_1

【燕黙食コース】

料理内容:よだれ鷄前菜盛り合わせ、フカヒレ 入りスープ、エビチリ食べ比べ、沸騰魚、和牛 頰肉黒酢ソース、麻婆豆腐、杏仁豆腐
価格:1万円(税込・サービス料込)
予約方法:電話
※本コースを注文された方に特製バッジプレゼント

イヤホンをつけて「黙食」体験!

pattern_1
コース料理の一部を味見させてもらいました。もちろん、イヤホン装着「黙食」スタイルで。
次のページ>>「燕黙食」コースに登場するお料理のご紹介
47 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ