with girls
written by with girls STAR100 エディター 高遠 琳子
02.Sep.2020

大丸有エリア【SDGs映画祭2020】に行って来ました!

こんにちは。ライフスタイルラボ所属エディター、高遠です。突然ですがみなさま、大丸有ってご存知ですか?お恥ずかしながら私は先週まで知りませんでした(某百貨店のことと勘違いしておりました。ポイントカードも持ってます)。

大丸有とは大手町、丸の内、有楽町エリアの総称。4300もの事業所が集まる世界的なビジネス街です。そして今、その大丸有からSDGsを発信するべく、大丸有エリアに拠点を置く企業がタッグを組んで5ヶ月に渡るアクション・イベントを展開しています。

今回お伺いした大丸有SDGs映画祭2020は、まさにそのシンボルイベントとも言える存在。

メインテーマは5つ!日常を少し振りかえる機会に

大丸有映画祭2020含む"大丸有×SDGsACT5"におけるメインテーマは5つ。

「サステナブルフード」
「気候変動と資源循環」
「WELL-BEING」
「ダイバーシティ」
「コミュニケーション」


映画祭期間中は、これらのテーマに則した様々な映画がエリア内14の会場で上映されます。
馴染みがあったりなかったりな言葉が並びますが(笑)、サステナブルフード……いわゆる"もったいない"なんかはかなり身近に感じていただける方も多いのではないでしょうか。

ちなみに私はこのサステナブルフードについて扱った【0円キッチン】なる映画が良くも悪くも刺さりすぎて文字通り頭を抱えました。
まだ食べられるはずの廃棄食材を救おう!という主人公の取り組みに感嘆すると同時に、出汁入りの味噌を消費期限までに使いきれず処分したり、長期自宅を留守にする直前にもかかわらず"半額"の文字に釣られてお刺身を買ってしまい、冷蔵庫の中でだめにしてしまったりした記憶がまざまざとよみがえり……。
なんかいろいろとよろしくない心当たりがありすぎる。反省します。
pattern_1
他にもファストファッションやプチプラの裏側に迫った【ザ・トゥルー・コスト】など、普段何気なく享受している、アタリマエについて考えさせられるドキュメンタリー作品が目白押し。

長編作品は時間的にちょっと厳しい……という方には様々なテーマを扱ったショートフィルムも展開されていますので、そちらも是非。
大丸有SDGs映画祭へは、仕事帰りや待ち合わせの前など、気軽に立ち寄ってみるのも大アリです。みなさまも是非、世界的なビジネス街大丸有で、with本誌でも話題になったSDGsについて改めて考えてみませんか?
 
9 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ