with lab
written by withLabメンバー 西田千夏

映画の紹介『コーチ・カーター』

映画の紹介

 
本日ご紹介する作品は、
『コーチ・カーター』です。

数々の映画レビューでも絶賛の声が上がってます。

と言うのも、
CGや編集で上手く見せる演出を取り入れておらず、
キャストによる実際のバスケプレーだからだ。

そのため、かなりリアリティがある
見せ場が多いです。

是非、出演者のプレーにも
注目していただければと思います。

あらすじ

舞台は、リッチモンド。
その都市に、リッチモンド高校があった。

落ちこぼれた生徒が多く在籍し、
大学に進学する生徒も少なく、
卒業生の半分は逮捕されるような校風の悪い高校だ。

あまり試合で良い成績を残したことがない
リッチモンド高校のバスケ部に、
OBであるKen Carterが
新コーチとして赴任してくることになる。

Kenは、
バスケをするにあたり選手たちとある契約を交わす。

内容は「学業で決められた成績以上を残す」
「授業には必ず出席する」「試合は正装する」といったものだ。
契約を守れない生徒は試合に出さないと言い、
生徒も生徒の親も猛反発します。

Kenは、「規則を守ることが勝利のカギ」だと言い、
意見を変えることはなかった。

また、Kenの息子であるDamienもKenからバスケを
教わりたいと、通っていた高校を自主退学し、
Kenと契約も交わした。

翌日から、契約書にサインをした生徒が集まり
バスケの練習を始めた。

しかし、技術よりも腕立て2000回など
スパルタトレーニングが待っていた。

バスケの技術を教える時は、
Kenの過去の女性や出来事を交えながら教えていく。

始めは、チームワークもままならなかったが
それぞれが一丸となり、
試合への切符を手にしていくのだ。

『コーチ・カーター』について

【映画】コーチ・カーター 予告編

9 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ