with girls
written by with girls あすか
02.Mar.2020

ゆらぐ季節に★免疫力がUPする副菜レシピ

免疫力アップ★副菜レシピ

こんにちは♪

季節の変わり目、
ということで
【免疫力UP】レシピを考えました♪

抗酸化、整腸作用をキーワードに、副菜★

インナービューティーの観点からまとめた
栄養のポイントとともにお伝えします♪

いろいろ野菜の塩麹和え

〇写真 右上の白い器

■材料
たまねぎ 1/2
きのこ(まいたけ)1パック
きのこ(しめじ)1パック
株(葉つき)小4つ
にんにく
塩麴
亜麻仁油
のり

1鍋に大さじ2の水をいれ、たまねぎ、きのこ、かぶ(実)を入れ、ひとつまみの塩をふりかけてふたをし、弱火で蒸し煮する
2 「1」にすりおろしにんにくを入れる
3 たまねぎから甘い匂いがし、食材がやわらかくなったら、株の葉っぱの部分を入れる
4 塩麴を加える
5 器に盛りつけてから、亜麻仁油を加え、のりを飾る
pattern_1
■栄養のポイント
・たまねぎに含まれる「オリゴ糖」メリット2つ
1 他の糖質と体の反応が違う。人の消化酵素ではほとんど分解できないため、そのまま大腸に届き、ビフィズス菌のえさになって繁殖する。その代謝さんぶつとして、乳酸や酢酸などの短鎖志望差を生成し、腸内を酸性にする
2 血糖値の上昇をおさえる。食物繊維と同様、小腸では吸収されにくいため、血糖値の上昇が緩やかになる

他に、オリゴ糖を含む食材は・・・
タマネギ、ゴボウ、バナナ、アスパラ、ハチミツ、大豆製品

・きのこに含まれる不溶性食物繊維(セルロース)
 水に溶けずに腸まで運ばれる。老廃物を吸着して体の外に出す「デトックス」の役割。よく噛まずに摂りすぎてしまうと、そのまま溜まっておなかを膨らませてしまうため、「よく噛む」ことが大切。また、水分や良質な油も一緒に摂ること。

野菜を食べているのに便秘が治らない・・・という方は
水分、油分が不足している可能性があるため、
1 よく噛むこと、2 水分・油分を一緒に摂取することが大切です。
今回のレシピのように、最後に亜麻仁油を加えるなど
簡単にとることができます♪

・亜麻仁油に含まれるオメガ3系脂肪酸
 細胞膜やホルモンの材料になります。肌トラブルの炎症を抑える効果もあり、毎日摂りたい良質な油です。
ゆらぐ季節に★
簡単に作れて免疫力もUP!

おすすめです♪
7 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ