with lab
written by withLabメンバー ひろナチュラル HIRO

✴︎10年前の記憶✴︎2021.03.11

皆さん寒暖差の激しい3月、いかがお過ごしでしょうか?

ひろナチュラル HIROです🌸

皆さんあの日から10年が経ちましたが、あの日、どこで誰と何をしていましたか?


あの日私は、社会人2年目のエステティシャン💆‍♀️でした。

地震大国熊本マインドで、小さい頃から訓練していたので、あの日もかなり冷静でした。

まずは身の安全と避難口の確保。

ドアを開け、お客様をまずは外へ。

いつもはガラガラの通りも
あの時だけは
道いっぱいの人で溢れかえっていました。

ワンセグ携帯で生中継を見て、リアルに津波が来るところ、人やものが流されるところを見ました、、、

今でも画面越しに逃げて逃げてと叫んだ事が、忘れられません。


揺れが落ち着いて、まずはお客様の帰宅。

それから、お休みのスタッフたちが心配だったので、みんなに電話安否確認をしました。

今思うと、自分でも驚くほどに冷静沈着で、やはりどれだけ小さい頃から備えてきたかが、とても大切だったなと感じました。

もちろんその日は電車が動いていなかったので、みんなで食料調達に、、、

しかしモノケノカラ。

唯一カップラーメンが売っていたので、買えるだけ買い、どうにかお湯だけは沸かせたので、みんなでサロンで食べました。

有り難かったのは、エステサロンだったので、安心して寝る事が出来たことです。

シャワーも使え、お湯も出たので、それが何よりも有り難かったです。

次の日は別店舗勤務だったので、そのままサロンから出勤しました。

しかしもちろん地上の電車は動いておらず、途中駅からは徒歩で出勤。

そちらの店舗の皆さんも無事で、とても安心しました。

当時美容室とエステとネイルのトータルビューティーサロンで、エステティシャンとして勤務していました。

他店舗のスタッフさん達とも交流があり、みんながとにかく無事なことが何よりホッとする時間でした。

実家にはなかなか電話が繋がらなかったな、、、

ちょうど妹が高校卒業し、東京へ上京してくる前。

2人暮らしをスタートするために、私も引っ越したばかりでした。

そのおかげで、引っ越してそのままテレビの配線も結んだままだったので、2日後に帰宅した時、それが幸いでした。

なぜなら、トイレットペーパーは玄関まで転がってきており、テレビは配線でどうにか倒れずに斜めにぶら下がっていました。

あの時もしも家にいたら、仕事がなかったら、、、

全部のドアも反対側に開くほどの揺れで、引っ越したばかりが幸いし、割れ物もなかったですが、この状況で家にいたら、相当トラウマになっていたことでしょう。

いつだって、仕事がある事が私の救いとなっています。


皆さんはあの日、何をし、誰といて、どんな気持ちを抱きましたか?

どうか全ての人が、今いる大切な人を、身近な人たちを、大切にできる世でありますように、、、

そして今だけでなく、来世後世にもその大切なものやひと、想いが受け継がれていきますように、、、


with LOVE , with YOU
Sincerely,,, ひろナチュラル HIRO


20代~30代は女性の人生の激動期。
未婚、既婚、子どもの有無に関係なく、いろいろな人生のステージにいる読者の皆さんそれぞれに楽しんでいただけるように、、、

20代〜30代の女性だけに限らず、
全ての世代やジェンダーの人たちに、 #愛とパワー を届けられるwithLabを目指します🌸✨


ひろナチュラル HIRO (withLabメンバー) - with online - 講談社公式 - | 恋も仕事もわたしらしく
https://withonline.jp/authors/hffX9

✴︎はじめまして✴︎2020.11.26
https://withonline.jp/withgirls/oev1i

✴︎2020ミセスアースジャパン✴︎2020.11.29
https://withonline.jp/withgirls/withgirls-beauty/9U1I9

✴︎水瓶座✴︎風の時代✴︎2020.11.30
https://withonline.jp/withgirls/withgirls-lifestyle/Vaejc

地元熊本の保育園「九州南部豪雨災害」支援も合わせて宜しくお願い致します。https://m.facebook.com/100034757801890/posts/380383779796879/?extid=0&d=n
2 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ