with lab
written by withLabメンバー はな

ひよっこ投資女子と学ぶ!基本的なQ&Aにお答えしてもらいました!【第9回投資レポ】

皆さんこんにちは!


ひよっこ投資女子、withLab投資女子プロジェクトメンバーのはなです!


桃の季節がもうすぐ終わりそうで寂しい気分になっています。。

秋も美味しい食べ物があるので我慢します。。


基本的な基礎知識は学んできましたがいまさら聞けない……!

そんなことありますよね?

それでは今回のテーマは基本的なQAをお答えいただきました!

最終確認としてしっかり学んでいきましょう!


Q1.投資を始めたときの最低限って何?


まず、長期・分散・積み立ての三つを抑えていただければと思います!


長期

投資のタイミングを計るのはむずかしいので、長期投資で収益安定化を目指しましょう!
ですので、株式投資はいつまでも置いておけるお金で投資するようにしましょう。


分散

基本としては資産や地域、時間を分散することが鉄則です!

リスクヘッジとして一つが損してもどれかがプラスならOKという風に持っていきましょう!


積立

ドルコスト平均法で価格の平準化を目指してほしいのです!


ドルコスト平均法ってなんだ?というと、
株式や投資信託などの金融商品の投資手法の一種となっており、別名定額購入法とも言います。
金融商品を購入する場合、一度に購入せず、資金を分割して均等額ずつ定期的に継続して投資する方法とのことです。


この三つは確実に抑えながら始めていきましょう♪


Q2.株式投資いくらから始められる?


2021年8月現在でいうと、株を買うのに必要な最低価格はなんと900円なんだとか!

(ミニ株やアプリを活用すれば、もっと安く買えることもあるのか……?)

株は基本100株単位で購入するので株価でいうと9円ということになります。
この金額、かなり低いなと思うのですが、ただ、金額が低いということはその分理由があるので、業績が悪いとかの可能性があるということになります。

例えば9円が10円になったら売るとか利益が出る可能性はありますが、流動性も低くむずかしいかなぁと。。。

もっと安い買い方!

他の安い株の買い方で言いますと、

10分の1など1単元未満で買えるミニ株(単元未満株)があります。

例えば株価3,000円、1単元の株数が100株のA社があったとします。

通常、株式投資は1単元からの取引になるので30万円必要ですが、ミニ株の場合10分の1で購入できるので3万円で取引ができるのです!

ただ、デメリットももちろんあります。

取り扱いのある証券会社が限られていたり、銘柄、取引タイミングが限定されていたりと制約はあるので要注意です!

Q3.株式投資どこから情報をチェックすればいい?


基本的には新聞・テレビで十分だと思います!(あとはラジオも!)

毎日チェックしてほしい内容はこちらです。

マーケット全体の情報昨日
今日の動向
イベント目
新しい情報

株の動きを知る上で必須になる項目ですのでぜひ毎日チェックしましょう!

投資に色々な考え方があるのはなぜ?

正直な話、これは答えがないというのが答えになるのですが……

予測や期待も含め、合理的な判断とは言えないものも含まれるのが相場だからなのかなと。

例えば最適解とかがあるとすれば、
全員が損をせずに得してしまうということになるので、安く売って高く買うという株そのものとしてあり得ないじゃないですか笑

そう考えるといろんな考え方があるのは当然かなと思います。

Q5.自分にあった投資の仕方は?


まず一番に考えるのが目的はどこにあるのか?ということ。

投資を行う目的を考えることが大切なのです。

例えば経済を勉強したい!とすると
市場全体の動きが知りたいのか?それとも個別の会社の分析がしたいのか?
という部分まで細かく考えてほしいのです。

老後資金のために増やしたい!とすると
老後まであと何年?目標はいくら?利回り何%必要か?

などなど、なぜ投資を行うのか?ということを考えてください。

ちなみにおすすめは
土台しっかり投資!!!

元々の預金や保険がある状態で、プラスアルファを投資で固めていくといった投資をお勧めします。

Q6.投資のマイナス面は?


投資=儲けるというイメージがあると思うのですが、これは必ずではなく、
損をする可能性があるということは忘れてはいけません。

得する人がいるということは損することもあるということですのでここはしっかり忘れないでください。



初級編質問回答ですがスッキリしましたでしょうか?

色々と不安があると思うのですがしっかりとチェックして万全な状態で投資生活を楽しみましょう!

 
2 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ