with girls
written by with girls あすか
10.Feb.2020

『麹』を育てる日々★

『麹』を育てて

インナービューティーダイエットで大切なキーワードのひとつ
『発酵調味料』
和食の調味料となる醤油・味噌・本みりん・米酢は『麹』が不可欠となっています。
また、お酒を造るのにも『麹』は使わています。

何回も繰り返し育てている麹。
いつも「乾燥米麹」か「玄米麹」といった乾燥のものを使ってきました。
そこで今回は少し変化をつけて★
生麹と塩で作った塩麹と
乾燥麹で醤油で作った醤油麹を育てました♪

10日〜14日で出来上がり♪
いつも待ちきれないのですが
今回はじっくり14日間。

塩麹の作り方はこちら♪
納豆のそばには置かないように、気をつけてください!(納豆菌の繁殖力が強いため)
★生麹と乾燥麹 保存方法の違い★
生麹
冷蔵庫1か月。長期保存は冷凍保存で自然解凍。
酵素の働きは変わらない。 

乾燥麹
水で戻してから使う。酵素の働きは変わらない。
■塩麹
塩麹とは、米麹と塩、水から作られる万能調味料です。お魚・お肉に漬ける、野菜と和える、炒める・・・様々なシーンで活用できます。

お肉を塩麹でつけてから焼く
お肉を柔らかくしたり旨味がUP

塩麹で下味をつけたハンバーグは、
よりジューシーになりました♪
レシピはこちらです★
量のポイント★
調味料として使うつかうとき 塩小さじ1に対して塩麹小さじ2
下味として使うとき 素材の10%程度
最近、塩麹とともに注目されている醤油麹は、米麹に醤油、お水を加えてできる万能調味です。
調味料としてはもちろん、そのままお刺身にも!
納豆のタレの代わりに使うこともおすすめです。

米麹と醤油を発酵させた醤油麹のグルタミン酸は、塩麹の10-15倍!

できあがりは・・・

pattern_1
生麹で作った塩こうじのほうが、乾燥麹でつくった醤油麹よりも
とろっとしました。
味は、それほど変わらなかった印象です!

もうすぐ、春♪
季節を感じながら
お料理、お食事を楽しみたい♬

pattern_1
12 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ