with lab
written by withLabメンバー 西田千夏

映画の紹介『LION/〜25年目のただいま〜』

西田です。

Billie EilishさんのTシャツ買った。

ただ寄っただけなのに、まさか出会うとは…。
半袖やで、まだ使うのは先やけど、
買ったらとりあえず着てみるよね。笑

全然合わんけど、私もBillie Greenに染めてみたい。笑
pattern_1
ところで、この間、
JO1さんのナイトルーティーンと称したインスタLIVEにお邪魔してきまして、
自分の好きなメンバーにすごく背中押されました!!


…って言う、この話をした記憶があるのは何故だろう。

4月からはPRODUCE 101 のseason2も始まりますので、
今からワクワクしております!!

また、話は変わって、
映画・トムとジェリーの予告がInstagramで、
流れてくる度にめちゃくちゃ見たさが増してくる。

何より、『トムとジェリー』にも出演する
Chloë Grace Moretzちゃんが可愛い!

あかんわ。
言えば言うほど、見たくなる。


🙄🙄🙄🙏

映画の紹介

本日紹介する作品は、
「LION/〜25年目のただいま〜』です。

本編には一見関係なさそうな"LION"という文字。

本当の意味を知った時、心がグラッと揺れました。
鳥肌が立ったの方が表現的に良いのかな。笑

この作品見終えてからGoogle Earthで、
色んな名称を調べたり、私も主人公の故郷を探したりしたもん。

『あらすじ』

1986年、とあるインドの町に、
5歳の少年・Sarooと兄のGuddu、妹、
母・Kamla達と共に生活をしていた。

お世辞にも、とても安心安全で安定した暮らしを送れてるとは言えなかった。

そんなある日、Sarooは、夜から働く兄の仕事場に着いて行ったが故に、
駅構内で迷子になってしまう。

名前を呼んでも歩いても兄の姿や声、
様子が分かることは無かった。

夜の駅ということもあり、Sarooはとても眠たかったようで、停車している列車に乗り込んだ後、眠りに付いてしまう。

Sarooが目が覚めると、
そこは知らない町並みが並び、言語も通じない場所だった。

駅員に助けを求めようとするも、
自分の村の名前も正確に言って、伝えられないため、
助けてもらうことも出来ず、
とにかく何ヵ月も色々な所を転々とし、
生き延びることに精一杯だった。

やがて、Sarooは警察に保護され、孤児院へ移り、生活を送った。

そんな時、とある女性にSarooは引き取られることが決まります。

オーストラリアにあるBrierley家のでした。

そこで、Sarooは愛情を注がれながら育っていき、気が付けば20年もの歳月が流れていました。

Sarooは、ホテル経営を学ぶためにBrierley家を離れました。

そして、Sarooには彼女も出来ます。
名前はLucy。

ある日、Lucyやクラスの仲間達と遊んでいる時に、
ちょっとした事をキッカケに、
今まで忘れていた5歳頃の記憶が蘇ります。

それは、生き別れてしまった
お母さんと、兄、妹の本当の家族のことです。

「今どうしているのだろうか」
そんなことがふと頭に浮かび、
Sarooは、記憶を頼りにGoogle Earthを使って自分の故郷を探すのです。

『LION/〜25年目のただいま〜』について

『LION/ライオン ~25年目のただいま~』予告編

🍥🍥

pattern_1
pattern_1
 
13 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ