with lab
written by withLabメンバー panako

【投資経験ゼロ!】初心者でも続けやすい投資の楽しみ方

【投資未経験女子】勉強会で学んだことをおさらい!

pattern_1
こんにちは! withLabメンバーのpanakoです。

「withLab投資女子プロジェクト」第2回目のオンライン勉強会も参加しましたー!
皆さん綺麗な方ばかりで恐縮。

2021年最初のミッションに挑んでいる私ですが、まず初めに
なぜ投資を学ぼうと思ったか。
それは、結婚し昨年のコロナ禍の中出産を経験しました。

家族が増えたことで将来への不安が大きくなり、子供のため、
自分たち夫婦のためにお金を貯めたいという思いからでした。

前回学んだ投資について思ったこと

前回から始まった投資について学んだのは投資の種類についてでした。

投資について未経験の私が、どこまでついていけるか心配でしたがなんとかついていくことができました。

株式、債券、為替の種類を覚えてみて思ったのは、投資にまつわる用語がかなり難しいということです。
正直、荒木先生がお話してくださる内容を理解しながら用語に慣れていくことが必要だと実感した私。

けれど、新聞など読まなければ慣れるにも苦労で、前回学んだ後取り組んだのは実際に投資をしている会社のサイトを見ることです。

見ただけでは覚えられないので、言葉についても調べることにしました。こんなに勉強したの何年ぶりだろう。と思いながら日々成長しようと努力している最中です。笑

【投資を学んで】初心者の私なりに分析してみました!

pattern_1
今回学んだことことは、投資のリスクと考え方、大切なことの3つでした。
投資の世界では、リスク=危険ではなく「価格の振れ幅」や「価格が動く要因」のこと。
ローリスクハイリターンはないということ。

投資=こわいというイメージは誰しもが持つもので私自身も始める前はそうでした。
こわいというイメージを持ちやすい理由がここで分かったんです。
それは、リスクという言葉を使うこと。リスクと聞くと不安になるのが人間の心理で、どうしても投資ってリスクがつきものだからこわさがなくならないんですよね。

でも、普段の生活と引き離して投資に限っての話と思うようにするだけで投資に対する不安は減り、前向きに考えられるようになりました。

結果、リスクを受け入れたことで考え方がより柔軟になり、リスクがあるからお金が増える可能性があることをインプットされるようになりました!

【投資の確認は?】頻度や回数よりも大切なこと

pattern_1
投資というと、ずーっとパソコンの前に張り付いて動きを見ているイメージで、始めたらずーっとへばりついてないとダメなのかなと思っていましたが、そんなことはなく、決まりもないということがわかりました!

育休中で子育てに奮闘している私はそんな暇なーい!と思っていたのですが、張り付かなくていいことで少しまた投資へ前向きな気持ちになりました。

積立投資なら、毎日見るというよりも、月1回とか、3ヶ月に1回とかでもいいそう。
増えるのは見ていて楽しいけど減るのは見たくないですよね。笑
だから、毎日見なくていいというのは嬉しいこと。育児の片手間でできるなら継続していけそうと思いました。

投資を見る頻度よりも大切なこと

見る回数を気にするより最も大切なこととは、
いつでも購入、解約ができる状態にしておくこと!です。

パスワードを忘れたり、書類紛失したりとすぐに解約、購入できないとじっと見ていてもなんの意味もないということ。また、最近の投資サイトはアプリもあるのでアプリのダウンロードをしておくとより便利に使いやすいですね。

普段からパスワードや書類はきっちりしてるほうなので、大丈夫だけど投資のような常に変化があるようなものはより慎重に扱う必要があると思いました。

【即実践!】学んだことで意識改革に成功!

pattern_1
投資を1回目よりも深く学んだことで、本格的に投資を始める前に身の回りのお金のことを一回見直そうという意識改革をすることができたのが私の中では大きいです!

家計見直すことってなかなかしないというか、できない。笑
ズボラ女子代表なのでやりくりができず毎月カツカツで貯金も出来ずにいたのですが
これでは、投資に回せるお金があるのかさえもわからない。と思い立って家計を見直すことから始めました。

実際に口座開設し、投資を始める日までに我が家の家計を見直し、投資に回せるお金はいくらあるのか明確にして投資を楽しめるようにしたいのが今1番の目標になりました。

次回のオンライン勉強会も楽しみです。家計見直しで色々見えてきたので次回のブログで少しずつ公開していこうと思います。
 
17 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ