with girls
written by with girls STAR100 エディター 岩本まりよ
20.Sep.2019

【好きを仕事に】進捗状況❣️

こんにちは💞

TOP12 メンバーの岩本まりよです!



TOP12メンバーに選んで頂いてから、

まもなく1年。


撮影モデルや着物アンバサダーの仕事を続けながら、個人事業主としてスタートを切るため準備をすすめてきた1年でした!!


この1年の間に


■イタリア・パリ・モナコへの花留学。

■某大手商社台湾支社にて日本文化と浴衣を    使ったコミュニケーションのworkshop

■ESS部・茶道部の高校生に英語で浴衣,おもてなしレッスン

■ウェブサイトオープンに向けて作品撮り

■花と着物を使った小物作り

■会いたい人に会ってみる(数え切れないほど) 


などなど…実績をつけるため、いろんな活動をしてきました!!

30歳、まだまだできる!もっと行動したい!どうやったらなりたい自分に近づけるんだろう!?

と毎日考え、ワクワクしたり自問自答したり、行動しすぎて体力的にキツかったりと。

今振り返ってみても、行動を続けた1年でした。



この1年の中で気付いたことはたくさんありますが、行動を続けるうちにどんどん自分の想いややりたいことは更新されていくので、上手にプランニングしたり、常に自分がワクワクする方向を選択しているか、定期的に確認することが必要だということが分かりました。そしてそれとほぼ同じくらい、時代の流れも世の中の流行りも需要もどんどん更新されていくので、先行く人にいきなりはなれずとも、常にアップデートして最新の情報は取り入れている自分でいたいと思いました。



オープン前ですが、

Grace Storyと名付けた自分のサロンでは、


■動画プロデュース(和装前撮り)

■企業研修

■国内外でのworkshop

■学生への着付け・接遇レッスン

■動画配信(着付け・花のある暮らし初級編)


などを提供していきたいと考えています。

おもてなしや接遇の面では、JAL時代に学んだことをシェアしていきたいと思っています。

(Grace Storyというサロン名はグレースケリーとオードリーヘップバーンへの想いをこめています。)


細かな悩みとしては、サロンのローンチイベントを動画配信と融合して開催することを考えていて、そのプランニングに日々奮闘しています。



そして最近感じることは、まだまだ日本は男性社会で、古い考えの人も多く、この1年心無い言葉やアドバイスをもらって傷つくこともありました。

女性が活躍できる日本。そうなってほしいけれど、まだまだ日本は男性社会。

既婚で子供のまだいない私は、正直日本だと生きづらいです。ちなみにこれは独身の友達も生きづらいとのことで、子供を産んでいる友達は、2人目は?などときかれるそうで、どの立場の女性も生きづらさを感じているということが分かっています笑


また日本と世界各国でどれほど違うかもお伝えしたいですが、私は日本人女性も自由にイキイキと働ける状況になるべきだと思います。

ひとりずつやりたいこともどれにこれだけの時間を費やしたいという想いも違うので、各々が満足する環境や広い考えがこの日本には必要だと思います。




withのこれからの活動がますます楽しみです!!フリーランスですと、仲間がなかなか見つからないので定期的に会ったり助け合える仲間がみつかると心強いです!

withの編集長と"好きを仕事に"の会議でお会いした際、温かいお言葉を頂戴し、それ以来私はますますwithという媒体が大好きになりました。


やはりいろんなサービスやものがありますが、誰がつくっているか。誰が引っ張っているか。"どんな人が"という部分がとても大事だなと感じます。


withの編集部の皆様はいつも温かくて愛に溢れていて助けて頂いて感謝してもしきれません!!


私も少しずつですが、フリーランスとしての力量を身につけて、人の役にもっともっとたてるようになりたいと想っています。


今後も定期的に仕事のことを書いていきたいと思います!❤️






1 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ