with lab
written by withLabメンバー もも
22.Oct.2018

ハンドドリップのコーヒーセミナー

ハンドドリップで丁寧にいれるコーヒー

美味しいコーヒーを自宅で手軽に飲めるように、ハンドドリップのコーヒーセミナーを受けました(^^)v

コーヒー豆 10gで出来上がりが150ml
使用するお湯は180ml

① まず、使う器具やカップを温めます。
( ドリッパーとサーバー)

② ドリッパーにペーパーフィルターをセットします。ペーパーは互い違いにセット。

③ 豆を入れます。小さじで2杯。
二人分や大きめのマグカップでは20gの豆に330mlのお湯を使います。出来上がりが300ml。このように人数で倍の量にしてくださいね。

④ 豆にお湯をかけて蒸らします。お湯は熱湯ではなく、80度くらいで。器具にお湯を通したり沸騰させて火を止め少し置いたりするとちょうど良いです。

⑤ 中央から「の」の字を書きながら、お湯を豆に入れていく。溢れそうになったら止めます。

⑥ コーヒーが落ちきる前にまた「の」の字を書きながらお湯を足していきます。

⑦ 何回か繰り返し、出来上がりの量になったらドリッパーごと外します。

⑧ きれいな土手ができていたら上手に入った証拠です!

※ 落としきってしまうと、コーヒーのアクまで入ってしまうので、落ちきる前にお湯を入れてください。

ゆっくり細くお湯を入れるとコクが出て、さっと通すようにすると、すっきり出来上がります。
pattern_1
周りに白っぽい泡が残っているのがアクです。
最初の一滴が実は最もおいしいところなので、間違えて捨てないでくださいね!
私は、アクだと思って捨てていました(^_^;)

蒸らすのは、2.3分で良いそうです。
蒸らせば蒸らすほど良いのかと勘違いしていて、10分以上置いていることもありましたが、間違えていました。そんなに長く置かなくて大丈夫だそうです
4 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ