with lab
written by withLab STAR100 三輪まゆか

【はじめての投資】 vol.1 株式も債券も、メイクとおんなじ!?「投資の種類」を徹底解説します

そもそもなんで、ただのOLが投資を説明できるの…??

はい! それは、「withLab投資女子プロジェクト」に参加中だからなんです…! 

withLabメンバーのみんなと一緒に、毎週、FPの荒木千秋先生による講座を受けて絶賛勉強中!
 
今日は、第一回の講座で学んだ「株式と債券」のしくみと魅力を、ご紹介します。
pattern_1

株式も債券も、投資(金融)商品のひとつ!

 
「貯蓄」は お金を 「貯める → 」 ツール なのに対し、
「投資」は お金を 「増やす ↗︎」(ことを目的とした) ツールです。
 

成果は保証されない(=減ることもある)ですが、『低金利時代の強い味方』 と捉えることもできますよね。

しかも、「投資」とひと口に言っても、株式・債券・不動産・仮想通貨・為替…など、種類はさまざま。

それぞれがどんな特徴を持つのかしっかり知れば、「自分に合った投資のスタイル」 が見つけられそう~!
 
 

じゃあ、株式ってどんなもの?

 
今回は、「株式」と「債券」にしぼってご紹介します。まずは、株式から。
 
株式は、「株式会社が投資家から資金を集めるために発行するもの」。
株式会社は、人々からお金を出資してもらうことで成り立っているので、資金を集めるために、株式を発行するんですね~~。
 
で、もっとも知りたいのは、「出資して株式を保有する事で、何のメリットがあるの?」ってことですよね(笑)。
 
pattern_1

得られる利益は3つ!
①配当金 ②値上がり益 ③株主優待
です。
 
これってつまり
①:出資した会社が利益を出すと、その利益の一部を受け取れるよ~!
②:会社の株価が 「買った時より売った時の方が高」ければ、その差額は「利益」になるよ~!
③:出資した会社の商品やサービスを、もらえるよ~!
と、いうこと。
 
きちんと知らなかったけど、意外と仕組みは単純かも…!
pattern_1
次のページ>>債券はどんなもの…?
21 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ