with lab
written by withLabメンバー 西田千夏

この夏休みに見ておきたい映画(アニメ編)

聲の形

映画『聲の形』 本予告

JO1の大平祥生くんが、
オススメしていた映画という理由で
鑑賞した映画でしたが、
オススメしたくなる気持ちはすごく分かる。

登場人物それぞれが自分の気持ちや考えを
声にして表現が出来ない。

そして相手は相手の気持ちを声として聞かない。
あるいは、怖くて聞けない。

だから楽しそうでも幸せそうであっても
どこか寂しさを感じてしまう。

学校生活やいじめ、人間関係、言葉などと
身近に感じさせられるものが割とリアルなので、
それぞれ共感したり、自分と重なる部分もあるのでは
無いでしょうか。
退屈することを何よりも嫌うガキ大将の少年・石田将也は、転校生の少女・西宮硝子へ好奇心を抱き、硝子の存在のおかげで退屈な日々から解放される。しかし、硝子との間に起こったある出来事をきっかけに、将也は周囲から孤立してしまう。それから5年。心を閉ざして生き、高校生になった将也は、いまは別の学校へ通う硝子のもとを訪れる。
via あらすじ

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」 予告編

TVでも『クレヨンしんちゃん』を見ることは
無いのですが、
21世紀や大阪万博などといった、
時が経っても時代を感じさせてくれたり、
その当時は、今がどういう時代なのかを
見せてくれるかのような
映画ならではの内容でした。

私はまだ未成年ですが、
なぜか懐かしさを感じるような作品。

東京タワーと言い太陽の塔と言い、
アニメで見る日本の建造物は、
何かすごく心に染みる。
お馴染み嵐を呼ぶ幼稚園児・しんちゃんと、20世紀へ時間を逆戻りさせようとする組織との戦いを描いた長篇ギャグ・アニメーションのシリーズ第9弾。
via あらすじ
 

怪盗グルーのミニオン大脱走

シリーズ第3弾!映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』本予告編

大抵、デニム生地のオーバーオールを
着ているミニオン達が今回は、
囚人服のオーバーオールを着用!

ただ、刑務所にいるので
ミニオンの出番は比較的少ないですが、
今回は「誰」の存在が1番必要とし、
「誰」に頼りたいと思うか。

と言うのが、1つのテーマでもある気がします。

刑務所がこんなに羨ましく思えるのは、
やはりミニオンが居るからだろうな〜。

感想が「可愛い」で終わってしまいそうな
私です。笑
晴れて結婚したグルーとルーシーの前に、新たな敵バルタザール・ブラットが現れる。1980年代に子役として人気を博した過去の栄光にすがり、80年代ファッションに身を包んだバルタザールは、様々なガジェットを駆使して犯罪を繰り返し、グルーを反悪党同盟から追い出してしまう。そんな時、グルーにドルーという生き別れになっていた双子の兄弟がいることが判明。父親から莫大な遺産を相続しているドルーは、父の志を受け継ぎ天下の大悪党になることを夢見ていた。一方、グルーの相棒ミニオンたちは、グルーが反悪党同盟をクビになったことで再び悪の道に戻ってくることを期待していたが、グルーにその気がないことを知り、新たなボスを求めて旅に出るのだが……。
via あらすじ
39 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ