with lab
written by withLabメンバー ゆう

真意を引き出す

先日の私の失敗談より学んだことを共有したいと思います。

私は、採用を担当おり、あるの日の採用面接後のことです。

「今の人の何がわかった?」と聞かれたのです。

担当になりたての頃の私は、たどたどしくはあったものの「その人の真意を引き出そう」と必死でした。たかだか1時間程度の面接。

正直その人の本の一部しか分からないのは当然なのですが

★できる限り相手を知る

★言葉を引き出す

このことに注力していました。

しかし、数をこなすうちにたどたどしさと共にそういった本質も失っていたことに気づきました。

「この人は求められる人物像にあてはまるか」

そこにフォーカスしてしまっていたのです。


この出来事を通して私は自分のもうひとつの失敗に気づきました。

ここ1ヶ月ほど連日体調がよくない、仕事が忙しいと伝えられていた私は大丈夫?と声をかけていました。

ある日何気ない会話の中で「大丈夫?」が結構辛いんだよね。と言われてしまったのです。

よかれと思って、あるいは無意識に言っていた言葉が重たくなってしまっていたこと。

普段よりコミュニケーションが減ってしまう中で相手の真意を掴めていませんでした。

「どうして分かってくれないのか」

どちらかがそう感じればきっと相手も感じていることが多いのではないでしょうか。

しかし、どんなに歩み寄っても私達は相手のことを体感することはできないので全てをわかることはできません。

そんななかでも、ちょっとしたことでありがとうと言ってみたり、相手のニーズを上手く引き出しお互いが居心地よく過ごせる時間や空間を作れるようにしたいなと思いました。


きっと年度末で仕事が忙しくパートナーとの関係がぎくしゃくしてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな時、次に会った時ちょっと変わったなって思ってもらえるよう一緒にレベルアップできたらいいなと思いました。

 
2 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ