with lab
written by withLabメンバー 真碕みかであり、正木睦未
14.Jun.2016

婚約指輪と結婚指輪の決め手となったもの!

女性が、いくつになっても憧れるのがプロポーズ。

将来の夢は、『お嫁さん』と願っている女性も少なくないでしょう。

私も、27歳までに結婚をしたいと思っていました。

27歳の誕生日までには、ウェディングドレスを着たいと思っていました。

しかし、人生、思い通りにはいかないもの。

27歳での結婚は叶いませんでした。笑


そして、恋愛も結婚も諦めていた時に、今の主人と知り合いました。

付き合いたての頃は、正直、『結婚』の二文字は考えられませんでした。笑

主人は、今流行りの『年下男子』ですが、私はそもそも年下は苦手。

年下の男性とお付き合いをする事は、今までありませんでした。

だからこそ、不安はありましたし、何処かで信用はしていなかったように感じます。

でも、お付き合いをしていくうちに、年齢は関係ないという事、愛さえあれば乗り越えられる壁も沢山ある事を感じさせてくれました。


そして、付き合ってから1年記念の時にプロポーズ。

今までの恋愛とは違って、今の主人とはトントン拍子で事が進んだように感じます。

これも、ご縁なのかなぁ!?とは思いました。


そんな私達の婚約指輪と結婚指輪のブランドは、BOUCHERON(ブシュロン)にしました。

本当に悩みに悩みました。

まずは、ブランドを決める事から始まります。

王道のブランドは、ハリーウィンストン、カルティエ、ティファニー。

ハリーウィンストンは、正直手が届かないと思い、止めました。笑

そして、カルティエとティファニーは、周りの友人が持っているのが多くて、かぶるのが嫌だと思い止めました。

最終的に候補に並んだのが、ブシュロンとショーメでした。

一生に一度のイベント。

悩みに悩んだ末、主人と見に行っていた時に、2人とも、「これ良いじゃん!」と、目に止まったブシュロン。







最高級ブランドという事で、お値段はしましたが、ブシュロンに決めて良かったと思っています。
1 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ