with lab
written by withLabメンバー 林美澄

【おうち時間】豊かな時間を過ごそう!本屋さんに最近並んでいる本2選♪

こんにちは!
with Labレギュラーメンバーの林 美澄です。

緊急事態宣言やまん延防止等重点措置で、自分の時間がまだまだある今…
最近、読書にとても集中できます!
知識や教養が増えることで、見える世界や考える幅が広がって自分自身が豊かになっていくのをより感じます。
今回は読んだ本の中でも最近本屋さんに並んでいる2冊をオススメ・紹介します♪

愛するということ

pattern_1
エーリッヒ・フロム作
「愛は技術である」と冒頭から始まっていて興味を持ちました。
60年以上前にアメリカで出版されたロングセラーの改訳・新装版なのだけれども内容は決して古く感じなく、論理的・哲学的に説明されるとだんだん頭が整理されてきて、愛するって何!?と迷宮に入り込んでいる拗らせアラサーには「なるほど!」「わたしのモヤモヤを言葉にしてくれている!」と腑に落ちる本だと思います。
さらに読み進めると…合理的にスピーディーに生産しようとする世の中に対して受け身で生きている自分に気がついて、「能動的に生きよう・人に無償の愛を与えよう」と社会や周りの人との向き合い方を見つめ直すきっかけも散りばめられています。

なぜ、生きているのかと考えてみるのが今かもしれない

pattern_1
辻仁成さん作
辻仁成さんが、2020年3月から2ヶ月間ロックダウンされたパリでの暮らしの日記を書籍化したものです。
Twitterでもたまに拝見するのですが辻さんと息子さんとのやり取りがたまに愛おしく、時には純粋な息子さんの発言を辻さんを通して読むとハッとさせられることがあります。2020年はつい最近自分も経験している時間なのに、刻一刻と状況が変わる様子を本で改めて読むとまるでドキュメンタリー映画を見ているような、緩急に溢れた時の流れを感じます。いち早くコロナ時代の様子を本にしてくれたからこそ読むと面白いです。
他に【52ヘルツのクジラたち】(2021年本屋大賞受賞)などの本が気になっています。
本は読みたいと思う時が一番スラスラ読めるので自分の身体の具合を測るバロメーターにもなりますね!
8 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ