with lab
written by withLabエディター 渡辺美帆

【バレンタイン】生チョコ発祥のお店『シルスマリア』誰にあげても喜ばれる万能チョコはコレだ!

こんにちは!withLabエディターの渡辺美帆です。
気が付けばもう2月。2月といえば、世も大注目のイベント【バレンタイン】がありますね!
毎年どんなチョコレートが登場するのかチェックするのが楽しみなこの時期ですが、
今回は『誰にあげても喜ばれること間違いなし!?の万能チョコ』をご紹介します♡

生チョコの発祥地は実は日本!

 
チョコレートといえば海外が発祥というイメージが強いですが、
実は【生チョコ】の発祥は日本だってご存じでしたか?

少し歴史を辿ると、
約30年程前、神奈川の『シルスマリア』というお店で生チョコの最初の1粒が生まれました。
生チョコといえば、疲れた時の癒しとして・頑張ったご褒美として食べたい!という方も多いかと思いますが、
当時のお店の職人の創意工夫によって、あの特別な食感のチョコレートが誕生したということですね。

3種類のベルギー産チョコレートと新鮮なクリームを職人のこだわりをもって混ぜ合わせることにより、
なめらかな口どけを実現したそうです。
pattern_1

長年愛されてきた理由は、癖のないシンプルな美味しさ

pattern_1
シルスミルク 1,200円(税抜)
今回、私は定番の『シルスミルク』を購入しました。
モンドセレクションで最高金賞を受賞した、世界的にその魅力が認められたチョコレートです。
pattern_1
早速食べてみると…口の中ですっと溶けていき、濃厚なチョコレートの味が広がっていきます。
癖のない味が大変食べやすく、すぐに1箱完食してしまいました。

好みが分からない相手へのプレゼントにおすすめ

個人的な話ですが、誰かにチョコレートを渡すとき、
相手の好みが分からない場合は『癖がないこと』『特殊なチョコが少ないこと』を重要視しています。

チョコレートにも色々な種類があり、人によっては苦手な味・風味などがありますよね。
せっかくなら喜んでもらいたい!という思いから、万人が好きそうな味かをチェックして購入しています。

こちらの『シルスマリア』の生チョコは、まさに私が重要視していることをバッチリ満たしてくれていました♡
お値段も1,200円と買い求めやすい価格なので、家族や職場、取引先等にまとめて購入するにもいいですね。

ちなみに私は今回自分用として選びましたが、
実は私自身、味の好き嫌いがわりとハッキリしているので、
純粋にチョコレートの味を楽しめるこちらは即決で購入を決めました。

お酒入り、ホワイト苺チョコetc…種類も豊富!

定番の『シルスミルク』以外にも、いろんなフレーバーが選べるのもシルスマリアの生チョコの特徴です。
お酒好きな人なら、ウイスキーを使用した【竹鶴ピュアモルト生チョコレート】。
甘いチョコが苦手だという人なら、大人の味わいが楽しめる【シルスビター】。
ちょっとアクセントをきかせたいなら、ホワイトチョコにイチゴのフリーズドライが入った【スノーベリー】。

さらに今回私が行ったお店には、アールグレイ味・マスカット味等もあり、
どれもなめらかな口どけはそのままに、様々な味を楽しめるラインナップが用意されていました。
渡すお相手の好みが分かっていれば、それに応じて選ぶのも楽しいかもしれません。

“外さない”贈り物として、伝統の生チョコを選んでみてはいかがでしょうか?

『シルスマリア』の生チョコは実店舗のほか、催事場でも展開されており、
さらにオンラインショップでも購入可能です。
せっかくバレンタインにチョコレートを贈るなら、相手に喜んでもらいたいですよね。
長年愛されてきたこだわりの生チョコを、ぜひ皆さんもチェックしてみてください♡
18 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ