編集部|仕事・働き方
25.Jun.2019

10月からの消費税UPで気になることを解説!軽減税率って何?買いだめは必要?

2019年10月から消費税が10%に

もうすぐ消費税が上がっちゃう! 増税前に買っておくものってあるのかな。軽減税率が導入されるって聞いたけど、なにが対象なのかよくわかりません~。そんな疑問をファイナンシャル・プランナーの深田晶恵さんと一緒に解決しましょう! 
pattern_1

アドバイス/深田晶恵さん(ファイナンシャル・プランナー)

(株)生活設計塾クルー取締役。外資系電機メーカー勤務を経てFPに転身。個人向けのコンサルティングのほか、各メディアで活躍中。自他ともに認めるお酒好き。

「軽減税率」ってそもそも何?

日本では初めて導入! 軽減税率がややこしい

このまま予定どおりにいけば、10月には消費税が10%に上がります。今回の増税で注目されているのが、食品などの税率を8%のままに据え置く「軽減税率」。

外国ではよくある制度ですが、日本で導入されるのは初めて。消費税が始まったときではなく途中で導入することにしたものだから、軽減税率の対象になるもの/ならないものの線引きをめぐって揉めに揉めているのです。

ファストフードなど、持ち帰りなら8%なのに、店内で食べると10%というのは、ちょっと腑に落ちない感じがしますよね。一応のルールはできましたが、みんな実際に始まってみないとわからないというのが本音ではないでしょうか。

また、増税前に駆け込みで買い物をしておいたほうがトクなんじゃないかと思いがちですが、ちょっと待って! 

今回は0→10%ではなく、8→10%になるのだから、10万円の買い物をしたとしても2000円の違い。「%」ではなく「金額」をベースに考えてみると、それほどの差ではないと気づくのでは? 

それに、キャッシュレス決済によるポイント還元などのフォローがあるので、増税後に買っても損はしない場合も。ここはひとつ、冷静になりましょうね。
pattern_1

次ページ≫【消費税 軽減税率の対象になるもの/ならないもの】まとめました!

27 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ