仕事・働き方
宮本佳実 with girlsの「好きを仕事に」叶えます!
12.Aug.2020

「何かしたいけど、何がしたいかわからない!」というお悩みを解決【第13回キラキラ副業プロジェクト】

可愛く1000万ガールを目指す! 宮本佳実がwith girlsを直接カウンセリング!

pattern_1
ワークライフスタイリスト宮本佳実さんがwith girlsの“仕事”をカウンセリングするこの連載。好きを仕事にしたいけれど始め方がわからない、どんなふうに仕事を広げたらいいか、などと悩んでいる方々に、“可愛いままでできる”方法をワークライフスタイリングという形で宮本さんが指南します。今回の相談者は星野由衣さん(28歳)。何か新しいことを始めてみたいというぼんやりとした希望はありつつも、何をどう始めたらいいかがわからないと相談に来ました。カウンセリングを通して、星野さんは“やりたいこと”を見つけることができるのか? 宮本さんが導き出した結論とは?

何かしたいけれど、それが何かわからない

星野「今日はよろしくお願いします。新卒で入社した会社でずっと働いていて、このまま転職するか、副業を始めないと、ひとつの業界しかわからないままだなと思っていて。それに今の仕事は営業職ということもあって残業が多いんです。なかなか自分の時間を取ることができなくて……。何か新しいことができたらいいなと漠然と考えているんですが」

宮本「そうなんですね。漠然とだとしても、やってみたいことはありますか?」

星野「そうですね。with girlsエディターを始めて3年目なんですが、ライティングして発信することが好きなので、もっと本格的に副業として頑張っていくのもいいのかなと考えていますが、どんな方向性でやっていけばよいのか迷っています。今もいろいろなことを発信していて、ひとつに絞ってしまうとそこまで私の記事は強くないなと思っていて……。そもそもライティングをどんなふうに仕事にしたらいいのかもよくわかってなくて」
pattern_1
宮本『発信はしたいけれど何を発信したらいいか決めきれない』というのはよくある質問なんです。星野さんに限らず、この質問される方にお伺いしているのが『今後どういう存在になりたいのか』ということ。発信した先で、人にこういう気持ちになって欲しい、でもいいですし、人からどう思われたいか、どう影響を与えたいかでもいい。星野さんはどんな存在になりたいですか?」

星野「そうですね……。私が発信したことがきっかけに、“コレ買いました”とか“ここ行った”とか、橋渡し的な存在でしょうか。私がどうした、こうしたといった自分のことをアピールしたいわけでないんです。たとえばですが、私が書くことで経営不振だったお店を盛り立てたり……。あと話題のスポットが好きなので、いち早く行って発信することで、それに興味を持ってくださる人がいたらいいな。きっかけを作る人になりたいです。

あとSNSやブログなどで情報発信することが好きなのですが、投稿内容に自分らしさがなくて、どうやって自己ブランディングをすればいいのかも悩んでいます。ライターになるにしてもSNSのフォロワーは大事だと思うので……」
次のページ>>SNSも“何を伝えたいのか”を明確にすること  
44 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ