仕事・働き方
宮本佳実 with girlsの「好きを仕事に」叶えます!
04.Nov.2020

コロナ禍での理想の働き方って?【第19回キラキラ副業プロジェクト】

可愛く1000万円ガールを目指す! 宮本佳実がwithLabメンバーを直接カウンセリング!

pattern_1
ワークライフスタイリスト宮本佳実さんがwithLabメンバーの“仕事”をカウンセリングするこの連載。好きを仕事にしたいけれど始め方がわからない、どんなふうに仕事を広げたらいいか、などと悩んでいる方々に、“可愛いままでできる”方法をワークライフスタイリングという形で宮本さんが指南します。今回、相談に訪れたのは、コロナ禍でリモートワークになったことをきっかけに自分自身の働き方を振り返ったという梅尾美穂さん(28歳)。今までの経験やスキルを生かして自分にできることは何なのかを宮本さんと一緒に考えていきます。

本日のお悩み

今までの経験やスキルを生かして自分にできることって?

pattern_1
今回の相談者、梅尾美穂さん(28歳)。

コロナが働き方や生き方を考え直すきっかけに

梅尾「今は正社員として広報や営業をしています。コロナになって一時的にフルリモートワークになったんですが、もう前のように毎日同じ時間に通勤して……という働き方に戻るのがイヤになってきて、他の働き方や仕事ができないかなと考えるようになりました」

宮本「たしかにコロナは働き方や生き方を根本から考え直すきっかけになりましたよね。梅尾さんは具体的に何かやってみたいことや考えていることはあるんですか?」

梅尾「ずっと営業や広報の仕事をしていて、人と話すことは得意だし、私自身も好きだなと実感しています。ただそういった営業で培ってきたスキルを個人でどうやって生かしたらいいかわからなくて。もしかしたら別のスキルを身につけて、そちらを仕事にした方がいいのかなとも考えています。アクセアリー作りが趣味なので、レジンアクセサリーの資格を取得中です。でもこちらはあくまで趣味だし、仕事として広がるのか疑問で。一体、私には何ができると思いますか?」

宮本「梅尾さんは広報や営業の仕事が好きなんですよね?」

梅尾「はい。好きです」
次のページ>>ブランディングの前に大切なこととは!?  
51 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ