仕事・働き方
宮本佳実 with girlsの「好きを仕事に」叶えます!

「趣味アカ」卒業。SNSで「売れる私」を実現する方法【第22回キラキラ副業プロジェクト】

すでに需要があるものから始めて、認知度をあげるのも手。

木村「レシピで展開していくのはどうしたらいいですか? 今は作りわけをInstagramで発信していて、あとは『離乳食の基本』や『妊婦さんの1週間レシピ』を考えたりするのを単発の講座でやっています」

宮本「作り分けレシピをもっとオーダーメイドにするのはどうでしょう? 例えば、お子さんの年齢や人数に合わせたパーソナルなレシピです。家事と仕事と子育てで大変なお母さんはたくさんいますよね。忙しくてもレトルトは嫌だけど、毎日レシピを考えるまでの気力がない、面倒だ……という人は結構いると思いますよ。だから1から10まで何を買ったらいいかをすべて決めてもらえるなら需要があると思います。健康面まで考慮して、たとえば1週間毎の定期販売するのはどうでしょう? サービスは単発で終わるモノではなく、継続できるように組むと事業が安定します

木村「なるほど! オーダーメイドのレシピはできると思います」
pattern_1
宮本「木村さんのInstagramを見ていて気になったんですが、『宅トレ』って何ですか?」

木村「私自身が産後に太ってしまい、それを戻すために自宅でやったトレーニングです」

宮本「それ、みんな気になりそうですね!」

木村「ダイエットはやってらっしゃる方が多いので、新規で参入するならかなり個性がないとダメかなと思って……。まだ幼児食のほうが入り込みやすいかなと思って、シフトしたんです」

宮本すでに需要があるならメニューとして続けて、そこで認知度を上げたり、顧客を増やすのもひとつの手です。ただし、ダイエットにしても幼児食にしても、なぜ木村さんからサービスを提供してもらうのか、木村さんから教わると何ができるのか、どう良くなるのか、そこを明確にしないといけません。今の『幼児食の基本』という言葉だと漠然としすぎている印象です」
次のページ>>SNSは特性を理解して使い分けよう!  
53 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ