仕事・働き方
宮本佳実 with girlsの「好きを仕事に」叶えます!

コロナ禍でも売上が安定する、「個人サロン」のつくり方【第23回キラキラ副業プロジェクト】

可愛く1000万円ガールを目指す! 宮本佳実がwithLabメンバーを直接カウンセリング!

pattern_1
ワークライフスタイリスト宮本佳実さんがwithLabメンバーの“仕事”をカウンセリングするこの連載。好きを仕事にしたいけれど始め方がわからない、どんなふうに仕事を広げたらいいか、などと悩んでいる方々に、“可愛いままでできる”方法をワークライフスタイリングという形で宮本さんが指南します。今回の相談者はパーソナルカラー診断のサロンを運営している稲葉枝利子さん(30歳)。コロナ禍でリアル診断が難しくなったこともあり、今後の経営に不安を抱き、宮本さんにアドバイスをもらいにやってきました。

本日のお悩み

パーソナルカラー診断で、収益を伸ばすための運営方法が知りたい!

pattern_1
今回の相談者は、稲葉枝利子さん(30歳)。

対面のみでは立ちゆかなくなる時代に。オンラインが必須事項

稲葉「2019年の10月からパーソナルカラー診断のサロンを始めました。家の近くの貸し会議室を借りて、対面診断をしていたんですが、2020年になりコロナ禍でそれができなくなり……。対面じゃなくてもできる写真診断を始めようと模索しているところです。ただ、始めてそれほど月日が経っていないので、まだまだ集客もできていなくて、今後どのように運営していけば収益を伸ばすことができるのか迷っているんです」

宮本「対面じゃなくてもできるメニューを考えるのはとてもいいと思います。これからの時代はどんなジャンルであっても、これまでの形にこだわらないことが生き残っていく鍵になってきます。集客ができていないとのことですが、これまでにどれくらいの方を診断してきましたか?」

稲葉「スタートしてコロナ禍になる前までの半年間で、月に5人ずつ合計30人を診断してきました。個人診断で、診断受けてくださった方には、その方のタイプの服やメイクの選び方の資料をお渡ししています」

宮本「なるほど。では基本的に1対1なんですね」

稲葉「はい。そうです」

宮本「診断は、1対1じゃないとできないものですか?」

稲葉「そんなことはないと思いますが……」
次のページ>>リピートできるメニューを追加しましょう!  
50 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ