仕事・働き方
宮本佳実 with girlsの「好きを仕事に」叶えます!
02.Dec.2020

独立したはいいけど、集客はどうやるの?【第21回キラキラ副業プロジェクト】

可愛く1000万円ガールを目指す! 宮本佳実がwithLabメンバーを直接カウンセリング!

pattern_1
ワークライフスタイリスト宮本佳実さんがwithLabメンバーの“仕事”をカウンセリングするこの連載。好きを仕事にしたいけれど始め方がわからない、どんなふうに仕事を広げたらいいか、などと悩んでいる方々に、“可愛いままでできる”方法をワークライフスタイリングという形で宮本さんが指南します。今回登場するのは有名企業での華麗なる職歴を捨て、独立した中川裕賀さん(28歳)。ご自身が主宰するメンタルを鍛えるジムでの仕事を拡大する方法を相談に来ました。

本日のお悩み

好きなことで独立したけど、集客できるか不安です。

pattern_1
今回の相談者、中川裕賀さん(28歳)。

拡散や集客には「自分に必要!」と思わせる単語を使う

宮本「これまでの職歴すごいですね!」

中川「ありがとうございます。でも宮本さんがおっしゃる『好きな場所で好きなこと』を実現したく、思い切って退職しました」

宮本「会社を辞めて、これからどんなことを始めるんですか?」

中川「今はまだ準備中なのですが、ビューティーライフスタイリストです。もともとコスメが好きで、苦手な人に選んであげたいと思っていたんです。でも、それだけだと狭いんですよね。なので加えてメンタルを鍛えるジムのようなものも展開したいんです。体を鍛えるジムはあるのに、メンタル鍛えるジムってないんですよ。それに何をするにしても気持ちが重要だから、美容院やエステサロンに行くような感覚で来てもらえるメンタルジムをやりたいんです」

宮本「具体的にメニューは決まっていますか? 中川さんのメンタルジムに通うと、どうなれますか?」

中川「実はそれがまだで。私と話すとポジティブになった、悩みが解決したと言われることが多いので、始めようと思ったんですが……。『通うとポジティブになれる』では、どうですか?」

宮本「もう少し具体的に、『こんな人がこう変わる!』という例があるといいと思います」

中川「自己肯定感が低い人の自己肯定感を上げることができる、ではどうでしょう」
宮本「自己肯定感が低いことを自身で意識している人は少ないもの。だから『自己肯定感を上げる』という言葉に反応する人は少ないかも。メニューに載せるなら、見た人が『私に必要!』と思える内容がいいですよ」

中川「目標達成したのに不安が残っている、ダイエット成功したのにまだ自信がない、彼氏できたのに不安でしょうがない。そんな人たちが自信を持てて人間関係がよくなるようなカウンセリングをします」

宮本「そうそう、具体的でいいですね。カウンセリングを受けた結果、皆さんどうなりますか?」

中川「そうですね。これまでに私に相談した人たちは『私なんて』という言葉を発しなくなりました。あとはせっかく痩せたのに着込んで隠す方がいたんですが、その方のメンタルを変えて、自信を持って服を着てもらえるようにしました」

宮本「それはいいですね! 聞いたときに誰もが同じイメージを持てる事例がいいと思います。その方にモニターになってもらって、ビフォア・アフターの写真とともに中川さんのメンタルジムを具体的にアピールしていきましょう」
次のページ>>ブランディングとは、目の前の人を幸せにすること!?  
60 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ