仕事・働き方
宮本佳実 with girlsの「好きを仕事に」叶えます!
26.Feb.2020

【新連載】キラキラ副業プロジェクト開始!「憧れの分野で起業したい!」どうしたらいいの?

可愛く1000万ガールを目指す! 宮本佳実がwith girlsを直接カウンセリング!

ワークライフスタイリスト宮本佳実さんがwith girlsの“仕事”をカウンセリングする連載がスタート。好きを仕事にしたいけれど始め方がわからない、どんなふうに仕事を広げたらいいか、などと悩んでいる方々に、“可愛いままでできる”方法を宮本さんが指南します。第1回目に登場するのは、これまでのキャリアを生かした「法人向けのマナーの事業」を展開しつつ、神崎恵さんに憧れて美容家を目指す蘆田麻里さん(30歳)です。

憧れは神崎恵さん! キラキラした仕事がしたいんです!

pattern_1
宮本「今日はよろしくお願いします。すでに会社を退職されていますが、事業を立ち上げるにあたって、すでに始めていることはありますか?」

蘆田「年末に退職したばかりで…。個人向け、法人向け、大学向けの3つの事業を柱にしたいと考えていて、アメブロなどSNSをいくつか始めました。まだそれくらいで」

宮本「美容家ってことはメイクのアドバイスをするのかな?」

蘆田「美容って一口にいっても広いので、私の場合、すべての事業においてインナービューティをテーマに掲げることにしています。メイクとか外見のことだけじゃなくて、食べ物、姿勢、所作、マナーなどを教えていきたいと思っています」
宮本「美容家になりたいと思ったきっかけは何ですか?」

蘆田あるイベントで神崎恵さんをお見かけして、あんな風にキラキラした仕事がしたいと思ったんです。それでwith girlsのメンバーになって美容のイベントに参加したり、たまに美容の方のアシスタントをしたりしていたんです。最初は働きながらちょっとかじるくらいで満足していたんですが、関われば関わるほど、それでは満足できなくなってきて。それで会社を辞めて独立したいって話をしたら、まわりからも絶対に好きなことをやったいいよ、と後押しされて。会社にも相談したら、あれよあれよという間に退職も決まって、今駆け足で事業の準備を始めたところです」

宮本「いいと思いますよ! 軽く投げてみるが、成功者の秘訣ですから。では、どういう風に蘆田さんを売っていくか決めましょう。美容ってすごく広いので掘り下げることがまずは必要。“愛される”とか“キレイになれる”とかざっくりした言葉では誰も気に留めてくれません。“蘆田さんだから”教えて欲しいと思わせなくてはいけないんです。私の書籍でも書いているのですが、事業で悩んでいる人は、『自分』『お客様』『提供できる未来』という【ブランディングトライアングル】を考えて掘り下げてみましょう」
pattern_1
蘆田「そうですよね。まず『自分』に関してですが、私は身近な美容をやりたいと思っていて。専門的なことをやっている方は多いから、私が美容のセミナーや本で知ったことの中から、私がいいと思ったことを私の言葉で伝えることが、私だけの唯一無二の美容なのかなと分析しました」

宮本「蘆田さん教えが唯一無二な理由は?」

蘆田「私はひとりしかいないから…ですかね」

共感できるストーリーがないと誰も買ってくれない!

pattern_1
宮本「確かに、それはそうですね。“蘆田さんから教えて欲しい=買いたいと思われる”のは、共感してもらうことが必要です。そのためには、なんで蘆田さんが美容に興味を持って、学んで、そして取り入れて、仕事にしたいと思うほど感動したのか、というストーリーがないと。それがあると同じような悩みを抱えている人、蘆田さんが実現したような未来が欲しい人が共感して『あなたから教えて欲しい!』と集まってきてくれるんです。逆にいうとストーリーがあれば、『お客様』『提供できる未来』も自ずと決まってくるんですよ」

蘆田「そうですよね。過去に太っていて半身浴やバナナダイエットで痩せた経験があること…ですかね…」

宮本「じゃあ、ちょっと美容は置いておいて、法人向けに教えているというマナーの事業について教えて下さい」

蘆田「前職のときに社内のマナー向上に関する委員会に入っていました。私、ホテルでの勤務経験があったので、周囲よりはマナーに詳しかったんです。そこで2年間かけて、社内のマナーを向上させる施策を行い、成功させました。その経験を生かして、個人への指導というよりは会社のマナーコンサルをしようと考えています。ヒヤリングをして社内の悩みを浮き彫りにして、マナー委員会を立ち上げて、社内から委員を募り、その人たちを育ててマナーを普及させます。もししかめっ面で仕事をしていて、話しかけにくい人がいたら、パソコンのモニターの横に鏡をつけて、自分の表情を見せるとか、立ち止まって挨拶ができない人が多いようなら、社内の床に足形のマークを置くなど。具体案もたくさんあります!」

宮本「すごいですね。ところで、ズバリ聞きますが、美容家にこだわりありますか?」
次のページ>>思いも寄らない自分の強みを発見!?
38 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ