仕事・働き方
行動心理士 長谷川ミナの「OLセラピー」
26.Aug.2018

仕事のミスを他人のせいにする人への対処法は?【OL心理学】

アラサー行動心理士 長谷川ミナの『OLセラピー』第34回目の配信です。

人間関係の悩みはどこに行っても誰にでもある、当たり前のこと。

『OLセラピー』では、よりよいOL生活を楽しんでもらうために、「疲れない心」を育てていく連載です。
pattern_1
Ⓒyukaco tomioka


今回は、「ミスを他人のせいにする人」へのお悩みについてお届けします!
今回のお悩み

職場でミスを人のせいにする人がいて困っています。 同僚と2人で共同作業する仕事があったのですが、私のミスではないのに、一緒に仕事をしていた同僚のLさんが私のミスだと上司に報告していることがありました。さらに、他の人に「仕事が進まないのは私のせいだ」と相談していることがあるようです。そんな事実はないのに、私のせいにされていて悲しいです……。 ミスや責任を人のせいにする同僚に対して、どのように接するのがよいのでしょうか?
(28歳・医療関係・Oさん)

同僚のLさんのように、トラブルが起こったり、不都合な状況になると他人のせいにしてしまう人、職場のお悩みではよく耳にします。

私も前の職場で、根も葉もないミスの責任を負わされたことがあったので、Oさんのモヤモヤする気持ちはよくわかります……! その時は信頼していた先輩方が守ってくれたのでよかったのですが、「自分の身はしっかり守らなきゃ!」ということを実感したきっかけでもあります。

Oさんもこれ以上巻き込まれないためにも、しっかり自分の身を守るようにしましょうね!

では、一体なぜ同僚のLさんは責任転嫁をするのでしょうか? その心理と、対処法について紹介します。

他人のせいにする人の心理って?

もし仕事で失敗したとしても、きちんと謝れば済むことがほとんどですが、仕事においては、ミス=自分の評価が下がることにつながりやすいため、自己防衛から責任転嫁をするということが発生しやすくなってしまいます。

では、人のせいにしてしまう人の心理的特徴について3つ紹介いたします。相手のことを詳しく理解しておきましょう!

■自分に自信がない

そもそも自分に自信が持てず、ひとつのミスでも「立場がなくなる!」「辞めさせられるのではないか……」などと焦ってしまいがちです。また、コンプレックスや、トラウマが原因で、苦手とすることを恐れている場合も考えられます。

■承認欲求の強さ

他人に認められたいと思う承認欲求が強すぎると、自分の評価を落とさないように、嘘をついてまで認められることを優先して考えてしまいます。プライドが高く、怒られたくないという気持ちが強いタイプでもあります。このタイプの人は、常に他の人の同意を求めたり、他人の話を聞かないなどの特徴もみられます。

■自己愛性パーソナリティ障害

自己愛性パーソナリティ障害は、自分を愛し過ぎているがゆえに、「自分は素晴らしい人間だから悪いはずがない」という過剰な思いこみや、「他人のせいでミスをした」などと、平気で他人を利用したり、傲慢な態度で他人に接したりするなど、人格の問題が挙げられます。

このような特徴がありますが、共通しているのは、自分の立場を優位にしたい、不利な思いはしたくないという“自己中心的”な気持ちです。なぜそうなってしまうのか原因は人それぞれですが、親から「お前が悪い」と否定され続けていたり、異常に甘やかされて育ったなど、成育環境も大いに影響されています。 その人自身の経験によって、無意識に刷り込まれた結果と言えるでしょう。

また、何でも人のせいにしてしまう人は、自己反省能力が低いと考えられます。改善するためには、客観的な思考能力を身に付けて、自分を意識的に変えていく作業が必要となります。

次のページ>>相手の問題なので、受け流そう!
43 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ