仕事・働き方
行動心理士 長谷川ミナの「OLセラピー」
14.Oct.2018

真面目に働く自分がバカみたい!! 悪影響な「おサボりさん」への対処法は?

まずは相手の状況を聞いてみよう!

サボりがちな部下は、必ずしも怠惰が原因とは限りません。もしかしたら、家庭の問題や何らかの困難に直面している可能性もあります。そのため、サボっているからと敵視する前に、一旦冷静に相手の状況や立場を知ることも大切です。

話してみると意外な点に気づいて解決策が見つかるかもしれません。また、部下自身でしか解決出来ない原因だったのであれば、それは相手の問題ですので、Fさんが気にしてもしょうがないことであると気づける可能性もあります。

Fさんの仕事に影響がないことであれば、Fさんが正せるものではないと割り切り、きちんと自我境界線を引いて、自分の仕事に専念したほうが得策です。

しかし、ただ楽をしたいという部下の惰性でFさんの負担が増えてしまうことは、きちんと相手に自分の状況を伝えることをおすすめします。仕事の負担が大きくなっているのであれば、それを改善するためにも自分から相手に伝えていく他ありません。

何も指摘せずに相手の仕事をFさんが処理してしまうと、相手は自分がやらなくても誰かがやってくれると思ってしまいます。そうすると、ますます部下は自分の仕事をしなくなり、成長も見込めず、余計にFさんの負担が増していくだけです。

また、心理学で「リンゲルマン効果」と言いますが、仕事に関わる人が増えれば増えるほど責任感が分散し、個人の手抜きがよく見られることが実証されています。

次のページ>>ではどう伝えたらいいのか?  
30 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ