仕事・働き方
行動心理士 長谷川ミナの「OLセラピー」
14.Oct.2018

真面目に働く自分がバカみたい!! 悪影響な「おサボりさん」への対処法は?

ではどう伝えたらいいのか?

いきなり攻撃したり、非難するような言い方をしてしまうと、相手側も責められたとネガティブに受け止め、人間関係をこじらせてしまう原因にもなります。ここは、現状問題になっている事実のみを伝えるようにしましょう。

例えば、「最近、体調が優れない? 仕事がきちんと処理できていないみたいだけど大丈夫?」というように、実際に発生した問題を挙げつつ、相手を思いやる言い方で突破口を開いてみましょう。責めの姿勢で向かうのではなく、どうしたらもっと改善できるのか、という前向きな会話を心がけましょう。

また、上記でもお伝えしましたが、「リンゲルマン効果」をなくすためには、一人一人の成果を明確にすることと、きちんと相手の仕事であると自覚を持たせることが有効です。「これは〇〇さんにお願いしたい」と部下に任せる姿勢を示すことで、本人もやる気を出してくれるきっかけにもなるでしょう。

指摘しても変わらない場合は?

もしそれでも行動が改まらず、Fさんの仕事に悪影響を及ぼし続ける場合には、上司に事実を打ち明けてみましょう。その際、部下には事前に「上司に仕事量の相談をしてみます」などと伝えておくと、振る舞いを改める効果があるかもしれません。

任せて引き受けた以上、その仕事は部下が責任を持ってしなければいけないことです。そのことを自覚させるためにも、こちら側は問題点を伝えたら、あとは部下自身で解決する問題なので、Fさんは関与しないようにしましょう。仕事をしなかった場合にどういう責任が回ってくるのか、ということを自覚することが何よりもの成長に繋がります。仕事をサボったら大変なことになるということを、身を持って知ることで、部下の自主性も上がることでしょう。

そもそも人にはいろんな価値観の人がいます。すべてが自分の思い通りに動くことではありません。そのことを理解し、「こんな人もいるのね」とスルー出来る余裕を持つことも時としては必要です。

惰性の態度で仕事を続けていくことで、最終的に一番悪影響を受けるのは部下自身です。Fさんは、自分の成長だけを軸に行動していくようにしましょうね!

ということで、 今回の合言葉は……

「惰性はその人自身に返ってくる!」です。

ではでは、皆さまのよき日々を願って……♥
また来週!

皆さまの職場でのお悩みを募集しています!
同僚のこんな言動に悩まされている、 こんな状況のときはどうしたらいい? など、ささいなことでも構いませんので教えてください!

▼受付中~!
https://jn.kds.jp/with/6436/

PROFILE
著者:長谷川ミナ
アラサーの行動心理士。日課は瞑想すること。祖母譲りの強い直感で分かるオーラに加え、行動から見える他人の心理を読み取り、皆さまの日常の悩みやモヤモヤを紐解いていきます。
http://profile.ameba.jp/hasegawa37/


写真:Topic Images/アフロ
 
30 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ